マジック

プロの売りもの

まず最初に理解しておかなければならないのは、プロマジシャンを含めた
自由業には定年がないために、いつまでも働けると思われがちですが、
当然いつまでも仕事があるという保証はないということ。
いつまでも働けることと、いつまでも稼げることはイコールではないこと
を肝に銘じておく必要がありますね。

以前の考察「プロ・アマ論」でも綴りましたが、特にマジシャンの場合は
プロとアマの線引きは曖昧なのです。
スポーツで例えるなら野球やサッカーなど、競技自体が興行として成立して
いれば、リーグやチームが入場料収入や放映権料を選手に分配するので分か
りやすい一方、アマチュア競技のプロとの境目は企業に属さずにやっていく
ことぐらいで、アルバイトをしながら競技を続けてもプロになれることが
できるわけです。

アマからプロへの転職(転向)とは意味合いが若干違いますが、一般的に、
転職で成功している人の共通点は、前職でも成功を収めてきた人が多いと
いう現実を鑑みれば、これがダメだったらあれをというネガティブな転職
では、成功がおぼつかないのは当然のこと。

また、一概には当てはまりませんが、好きなことで食えたら幸せだなあ…
とばかりに趣味の延長線上でダラダラとプロになる人と、何かを成し遂げ、
手にしているものを捨ててまで転職する人とは、背負っているものの重みと
本気度と、新しい世界で成功してみせるという確信がまるで違うのですよ。
すでに家族もいて第一線で働いている社会人が一念発起して退職し、大学
入試を経るなどして資格取得が必須であるプロ(弁護士、医師、会計士等)
として新たな人生を目指すことがありますが、そういう人達は、なんとなく
入学した現役生と比較しても、確固たる目的と信念を持って、背水の陣で
臨んでいるので、留年するなんてことはほとんどありませんからね。

そしてプロになってみて嫌というほど思い知らされるのは、それなりに高い
技術を誇っても、それが市場の求めるものでなければ、収入には直結しない
こと…つまり、市場で評価されない業界ウケの高い技術は、自己満足という
趣味の世界から一歩も抜け出せなくなる可能性が高いこと。
自分のパフォーマンスを市場が求めて、初めてそこに対価が生まれるわけ
ですからね。
しかし、同業者が認めるほどの圧倒的に高い技術であれば、その差を世間に
認知、理解させて収入に直結できるような方法論というか戦略を練る価値は
あると思うのですが…。

マジックの世界では特に顕著な事象ですが、市場に評価されるものは、幾つ
かの軸があると思うのです。
つまり、純粋に技術力で認められる人もいれば、キャラクターが受け入れ
られている人もいるわけで、職人的な世界もエンターティナー重視の世界も
(野球選手なら前者はイチロー、後者は新庄といったところですかね)両方
求められているのがマジシャンなのでしょうね。

ここでちょっと昨年からざわついている大相撲の話題になりますが、昨年の
春場所でしたか、怪我を押し切って強行出場した稀勢の里が優勝した姿は
感動を呼びました。
しかし、完治することなくそれ以降の本場所に出場し続けた結果、4場所
連続途中休場という事態に陥りました。
2001年、足の痛みに耐えて優勝して小泉首相を感動させた貴乃花が、あの
一番が引退のきっかけになったこと(翌場所から7場所連続休場)を思い出し、
稀勢の里も大事をとって年内いっぱいは休養すればいいのにと思っていたら、
やはり懸念していた通りになりました。
しかし、怪我を押しての出場や優勝に、美談好きで「あれぞまさしくプロ!」
と感動して賞賛する傾向があるがゆえに、力士生命を脅かしかねないのに
強行出場せざる得ないプレッシャーがあったのではないかと思うのですよ。
稀勢の里も、これ以上の途中休場を繰り返せば、引退を余儀なくされるかも
しれませんね。
ただ、稀勢の里も当時の貴乃花も優勝したあの時、本人にとっては、怪我の
痛みなど度外視した、プロとしての矜持や自負を見せ切ったアドレナリン
出まくりの瞬間でもあったと思うのです。
もっと突き詰めれば、プロアスリートには、勝利よりも大切な何かを守り
切るという矜持があるのではないか…翻って、プロマジシャンにはそれに
匹敵する何かがあるのだろうかと考えてしまいました。

本当のプロが売るべきものは、高い技術や存在価値に裏打ちされた戦いざま
であり、その積み重ねが生きざまになるのであって、他人の演技の模倣を
したり、ましてやコピー商品を使ったり売ったりして糊口を凌ぐことでは
ないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rintaro 出演情報

第62回 西日本奇術大会 ゲスト出演

日時 : 平成29年11月5日(日)
     午後12時15分開場 13時開演

会場 : パピヨン24ガスホール

主催 : 西日本奇術クラブ

|

レクチャーのご案内

プロフェッサー・サコー レクチャー イン 福岡 Part2

詳細は…コチラ


先日のフジテレビの特番、お陰様で大きな反響を頂きました。
中でも多かったメールが「前髪大丈夫でしたか?」というもの。(笑)
オンエア直後には心配した美容師さん本人から電話がかかってきました。
年齢の割には髪はフサフサの方なのであの程度では問題ありませんでしたよ。
どちらかといえば買ったばかりの衣装を心配したのですが、こちらは全く無事
で一安心です。
結果、パフォーマンス後も結構美味しくいじられたので、災い転じて福となす
ということで…。
神木隆之介さんのミラクルにも感謝。

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

フジテレビ系列 「FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦」
     放送日時:2017年10月2日 21:00〜23:30

台風18号の影響で飛行機の欠航が懸念されたので、収録日の二日前から
鳥達を連れて東京へ…。
腰痛の再発等、万全の体調ではありませんでしたが、信頼する後輩達の
手厚いサポートのおかげで、ハードな収録をなんとか乗り越えることが
できました。(今回のバードマジックは、バードアクトというよりもほぼバード
イリュージョンです)
鳥達も各々の役割を完璧に果たしてくれましたが、想定外のハプニング
もあって、スタジオは大いに盛り上がりました。
私は番組のオープニングでの登場です。
是非ご覧下さい。

|

良い刺激

9月10日、IKUkaNライブを観に神戸へ…ディナーを挟んで3時間、
11組のパフォーマーの演技を堪能しましたよ。

チェリーのバードアクト、SEIYAのゴルフアクトもパーフェクト。
鈴木大河のコンテストアクトは初見でしたが、美しいですね。
メインの内田貴光は絶対的な存在感を醸し出していました。
そして天平をリーダーとするジャグリングチームには、改めてジャグ
リングの素晴らしさを認識させられましたね。
特にラストの光と音にシンクロしたパフォーマンスは圧巻で、近代的
な演出に魅了されました。(最後の全員での三方礼が急に昭和を感じ
させて、思わず笑ってしまいましたが)
夜12〜3時が打ち上げ、その後は私の部屋で朝までコースとなりました。

今月は私も大仕事が控えていますので、若手達から良い刺激をもらい
ました。

自宅の鳥部屋の掃除機が壊れたようで、さて買い替えようかと思案して
いたところ、ダイナースカードのポイントでダイソンの掃除機がゲット
できました。(なんか得した気分)

|

夏の終わりに

9月になってもまだまだ残暑の厳しい日々が続いていますが、皆さんは
夏バテしていませんか?
8月後半は、連日の食事会や夜のクラブ活動&Mr.マリック氏との共演&
レクチャーと続いて、少々息切れしております。(共演翌日の8月27日、
24時間テレビの流れでマリック氏とマギー司郎氏が登場した「笑点」は、
凄い視聴率だったそうですよ)

レクチャーは私にとっては初体験だったので、段取りが悪くて反省しきり
(あるマジックを演じ忘れたり教え忘れたり)なのですが、40名近くの
プロやマジックマニアに集ってもらい、最終的にはある程度は満足して
いただけたのかなと…。

今月はバードマジックのフルバージョンのオファーがあるため、本格的に
鳥達の調教を再開して、手が傷だらけになっております。
またこれに備えて、今季のコレクションモデルを衣裳として購入してテン
ションを上げている最中です。(仕事のシチュエーションに合わせてコー
ディネートを見繕ってくれるドルチェ&ガッパーナ福岡店のNさん、ジョ
ルジオアルマーニ福岡店のIさん、いつもありがとう)

9月10日は神戸のホテルで総勢11組によるマジック&ジャグリングの
ディナーショーが開催されます。
メインの出演者である内田貴光と天平の両名から招待されましたので、
ちょいと楽しんできますね。

|

ミニライブ&ワークショップ

ミニライブ&ワークショップを開催します。

よほどのモノ好きで、奇特で、寛大な心をお持ちの皆様の参加をお待ち
しております。

詳細は…コチラ

|

BUNNY HIP 出演情報

現在、世界中のコンベンションから引っ張りだこの美少女マジシャン
Hannahを擁する女性イリュージョンチーム BUNNY HIPが、第27回
フィネスマジシャンズクラブの発表会にゲスト出演します。
この機会にぜひご覧下さい。

日時:2017年7月2日(日) 12:30開場 13:00開演
場所:アクロス福岡1F円形ホール

|

レクチャーのご案内

プロフェッサー・サコー レクチャー イン 福岡

詳細は…コチラ

|

先延ばしの罠

1月は新年会が続いたものの、筋トレとルームウォーカーの効果なのか、
なんとか体重は現状維持。
1月最後の日曜日はマジシャン仲間達と焼肉パーティー。(日曜日なら
マジックバー関係者も参加しやすいですからね)
近況報告や今後の展望等、盛り上がる話題には事欠きませんでした。

早くも2月になってしまいましたが、新年を迎えた時、多くの人が今年
一年の抱負や目標を掲げたりすることでしょう。
そしてそれを公に宣言することによって自らを追い込んで成就させる人も
いれば、心の内に秘めたまま気宇壮大に邁進する人もいることでしょう。
私も本年最初のエントリーでは、今年は人生を謳歌するために適度に欲深
く健康に留意しながら頑張るつもりだと「ざっくり」書きましたが、何を
どう頑張るのかを吐露するのは照れもあったり、隠匿すべきこともあるの
で(3つの目標を立てましたが)、なかなか公にはできないもので…。

年頭には目標に向かって一瀉千里で突き進む決心をしても、そこは人間、
つい先延ばししがち。
ただ、この歳で無理な目標を掲げて繰り返し先延ばしという陥穽にはまる
と、若い頃には感じなかった残された時間の少なさから来る焦りと、己の
意志の弱さによる自己嫌悪とも相まって、何もかも諦めてしまうのではと
過剰に心配してしまうのですよ。
結局、先延ばしの罠を避けるには、将来の自分を過信しないことに尽きる
んですね。
何事も(マジックにおける課題も)将来の自分がきちんと解決してくれる
であろうと信頼していると、あにはからんや将来の自分も今の自分と大差
ないわけです。
むしろ先になるほど問題が肥大化かつ深刻化する上に、時間がなくなって
いるだけに本来の力を発揮することもできず、解決の道が閉ざされて手遅
れとなるのは自明の理。

以前のエントリーにも書きましたが、私の場合、マジックも車も本音では
「時代に抗う」ものが好みなのですが、近年のマジックを取り巻く環境は
テレビスタジオでは火気や動物がNGだったり、結婚式場等においてショー
で使用するBGMの著作権問題等、面倒なコンプライアンスが厳しくなる
一方のご時世にあっては、各々が諸問題に即した対策を先延ばしすること
なく準備することが焦眉の急であることは論を俟ちません。

少し脱線しますが、私はマジックをクロースアップやサロンやステージと
いった所謂「規模」で区別することには、昔から違和感を覚えている一人
です。(ただ説明の都合上、使うことはありますが)
例えば、あるマジシャンにちょっと規模の大きなイベントの出演を依頼し
た時、「いやあ、僕はクロースアップ専門なのでちょっと…」と断られたと
したら、依頼した側が「はぁ?」となっても無理はないのですよ。
一般人のイメージでは、クロースアップマジシャンもイリュージョニストも
メンタリストも区別なく、み〜んな「マジシャン」なのですから。

飛行機の中でCAが「急病の方がいらっしゃいます! お客様の中でお医者
様はいませんか!」と叫ぶ緊迫した場面がありますが、この場合の「医者」
も内科だの精神科だの眼科だのと関係ないわけです。(もし私が乗り合わ
せていたとしたら、「お医者様の中でお客様はいませんか!」と呼びかけ
られた時だけ躊躇なく手を挙げますけどね…あ、不謹慎でごめんなさい)
医者でも専門外の疾患については自信がないように、マジシャンの場合も
自分が売りにしている演目ができない上に、慣れていないものを演じなけ
ればならない状況は不安にもなるし、納得できないパフォーマンスでは
堂々とギャラを受け取りづらい気持ちになるのも無理はありません。

閑話休題。
そういうことで私自身の話に戻れば、時代や環境に左右されず、何よりも
自分のキャラクターに合うサロンマジック(あえて規模で表現すれば)を
さらに充実させることが今年の3つの目標の中の1つです。

1月半ばの新年会のショーは、あるレストランの広めの個室に長テーブル
が二列に置かれて40名が着席、演技スペースの背景は壁一面鏡張りで背後
は丸見え、照明音響設備は無しという決して演技し易い環境ではなかった
ものの、この規模や環境でのショーを前提にずっと研究と準備をしてきた
ので、その場にマッチしたごくシンプルな演目を問題なく演じることがで
きて、やっとそれなりの手応えを感じ始めています。
昔の自分なら善かれと思って(あるいは絶対に必要という理由で)、自前の
音響セットやスパイダーカーテン等を持ち込み、場違いで過剰気味な演技
をしていたかもしれませんね。
そうすると感謝されるどころか、客からも店側からも迷惑がられることも
あるものです。
出番の後の道具や機材は邪魔になるし、観客全員が会場を出るまで撤収も
できませんしね。

そんなこんなで様々な制限がある現場でも、過去演じてきた大味なステー
ジマジックの不思議のエキスを抽出してコンパクトに演じたり、たった
一人を相手に演じてきたクロースアップマジックを、なんとか観客全員が
理解して不思議が伝わるように本能的にアレンジできているのは、若い頃
から多くのマジックを演じてきたことが昇華されつつあるのかなと…。
冷蔵庫の残り物でも、ある程度見栄えの良い料理が作れたという感じです
かね。

自分の年齢、取り巻く環境や時勢を考えると、今後の主戦場は高級クラブ
のテーブルホッピングでもなければホテルや劇場でのイリュージョンでも
なく、あくまでもスキミング戦略に基づいたこのサイズの現場のサロンマジ
ックに否応なく収れんしていくであろうと予想しているし、またそうある
べきだと思っています。
そうであれば尚更、この歳で様々な課題を先延ばしにするわけにはいかな
いなと意を強くしている次第。

ある調査で報告された事象です…
3つの課題があって、1週間ごとに1課題を終えなくてはならない場合と
3週間後にまとめて3課題の成果を提出するという場合を比べると、明ら
かに前者の方が成果が上がることがわかっているようです。

レンタルDVDは期日までにきちんと返却するのに、時間がある時に観よう
とハードディスクに録り溜めた映画はなかなか観ないもの。(有料か無料か
の差もありますが)…ことほど左様に、人間は締め切りがなく時間がある
時ほど先延ばしの陥穽にはまりやすい傾向があることを、時々は自戒を込
めて思い出しながら日々過ごすことが重要でしょうね。

私はいまだに、練習を先延ばししてコンテスト当日を迎えてしまうという
学生時代の悪夢を見て目が覚めることがあります。

さて、今月は久しぶりに多くのマジシャンが集うイベントに顔を出す予定
です。


|

より以前の記事一覧