映画・テレビ

映画情報

公開中の映画「グランドイリュージョン」…実は劇場公開の一ヶ月前に
観ていたのですが、早々にレビューを書くとネタバレになるので、時間
をおいていたら、すっかり忘れていました。
 
それで今更感もあるので少しだけ書くと…6年前に「プレステージ」を
観た時にも感じたのは、映画でマジックを表現するのはつくづく難しい
なあということ。
世間的常識としてはマジック自体がフィクション、それを内包する映画
もフィクション(記録映画やドキュメントは別ですが)です。
つまりフィクションの中でフィクションが展開される上に、マジックを
少々齧っていると突っ込み所も気になったりで、リアリティーから次第
に遠ざかって感情移入しづらくなるというか…。(単に集中力が無いだ
けかもね)
 
無理な希望でしょうが、できればマジックの現象だけはCGを使わずに、
現実に(ガチで)起こして欲しいなあと…でも現実の映像だと信じられ
ないほど(頼むからCG使って!と感じるほど)陳腐になるだろうなあ。
今はテレビの世界でも、テレビの中でしか起こり得ない現象が辟易する
ほど跋扈しているのが現状であれば、映画ともなればあれだけのCGを使
うのも致し方ないことなのでしょうね。
あっ、フォローしておきますが、この映画そのものは、時間も短く感じ
るテンポの良さで、充分に楽しめると思いますよ。
 
マジックをテーマにした映画(正確にはテレビドラマ)で是非紹介した
いのが、「刑事コロンボ」の第36話「魔術師の幻想」です。
脱出マジックをアリバイに利用して殺人を犯した魔術師を、コロンボが
トリックを解明しながら追いつめていくという、コロンボシリーズの中
でも秀逸な作品です。
魔術師サンティーニ役のジャック・キャシディの燕尾服姿が実にカッコ
良く、本物のマジシャン以上にマジシャンとしてのオーラを感じさせる
いい味を醸し出しています。
結構練習したのか、フラッシュペーパーやカードキャッスル等を上手く
扱って様になっています。(確か演技指導はマーク・ウィルソンだった
かな…もちろんCGは使っていませんぞ)
「刑事コロンボ」は、現在毎週土曜日の午後にBSプレミアムで再放送中
ですよ。
 
それと、以前紹介した、私が幼少の頃に観てトラウマになった怖い映画
「眼には眼を」(1957年 アンドレ・カイヤット監督)が待望のDVD化!
(セル版はTSUTAYAオンデマンドサービスにて発売中)
気になっていた方は是非!

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

  NHK BSプレミアム 「石井竜也のショータイム」

放送日時 : 2012年8月16日(木) 19:30〜21:00


バードアクトを演じましたが、収録の一週間前にぎっくり腰になったり、
スタジオの火気使用について、管轄の消防署の通達でファイヤーマジック
の一部が演じられなくなり、前日になって演目を変更せざる得なかったり、
きらびやかなスタジオセットに鳥達がとまどったり…。

体調的にも条件的にも結構ハードな収録でしたが、いつもながら三志郎、
YOKO、そしてRintaroのフォローのおかげでなんとか乗り切った感じです。

しかし、質の高い番組の仕事は、私にも鳥達にも間違いなく今後に役立つ
良い試練を与えてくれます。

|

怖い映画情報

新年を迎えてからの一週間で、実に多くのアクセスを頂き驚いています。

やはり年賀状で新年のご挨拶をした方が心がこもるであろうことは理解
していますが、こうして皆様に挨拶や近況報告できるのは改めて便利な
時代になったものだと思います。
いずれにせよ、自己実現(self-actualization)に向けて、少しずつ歩を
進める地方のマジシャンのお知らせに興味を持って読んでくださる多く
の方々にお礼を申し上げます。

さて、年明け早々新旧2本の怖い映画を観ました。

1本は30年前に私が予備校生の頃に観て衝撃を受けたエイリアンもの…
「遊星からの物体X」
久しぶりに観ても、ビジュアルのインパクトは抜群!
最近リメイクされたようなので、こちらの日本公開も楽しみです。

もう1本は「REC2 ターミナルの惨劇」
こちらはスペイン映画「REC」がハリウッドでリメイクされたものの
続編です。
ゾンビ系は基本的にはジョージ・A・ロメロ作品以外は邪道だと思って
いましたが、RECシリーズは秀逸ですね。

これらの映画はコンセプトの違いはあれど、共通するシチュエーション
は極寒の南極基地、あるいは封鎖されたターミナル等の、逃げ場のない
「閉鎖された空間」であるということ。

そういえば忘年会でも盛り上がった話題なのですが、ある地方の温泉場
のマジックショーにゲスト出演した後輩マジシャン達が実際に体験した
壮絶な裏話は、映画化したら結構怖いかもです。
タイトルは「温泉からのマジシャンX」「温泉2 楽屋裏の惨劇」あたり
が適当かと…。

後輩達には、良い人生勉強をしたと思うしかないよと慰めると同時に、
今時あのような現場に出演してもプロフィールに載せる価値もないし、
ましてや自慢するようでは偏差値低過ぎだよとアドバイスをした次第。

閉ざされた温泉場もご用心。

かく言う私は、これまた自己実現の一環として閉ざされた雪の世界に
行ってきます…寒いだろうなあ、やっぱ温泉入ろ。


P.S
怖い繋がりでもう一つ…先日「ウラマヨ!」で演じた怖いマジックは
こちらからご覧いただけます…Dr.ZUMAギロチンマジック

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

関西テレビ 「ウラマヨ!」

放送日時 : 2011年12月24日(土) 13:00〜13:56

※ ブラックマヨネーズのお二人…さすがのリアクションでした。

|

怖い映画…映像入手!

昨年7月のこのコーナーで、私が幼少時に観てトラウマになった怖い
映画「眼には眼を」(1957年 アンドレ・カイヤット監督)を
紹介し、その映像がなかなか手に入らない状況をお知らせしました。

実は先日、予備校時代の旧友が映像を入手して、私の自宅まで持って
来てくれました。

で、約40年ぶりに観たところ…やっぱり怖くて後味の悪さは一級品
でした。

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

日本テレビ 「メレンゲの気持ち」

2011年2月12日(土) 12:00〜13:30
番組ホームページはコチラ

※ 今回も三志郎&YOKOのサポートのおかげで、スムーズな収録ができ
  ました。落ち着いて演技するには、完璧なバックステージスタッフの
  存在が必須です。

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

日本テレビ 「AKBINGO!」1時間スペシャル

関東エリア:2011年2月2日 24:29〜25:29
地域によって放送日時が異なります。 詳しくは…コチラ
(通常は30分番組ですが、今回は1時間番組です)

※ 大島優子さん…立派なバードマジシャンになれますね。

|

再放送のお知らせ

   BS日テレ開局10周年特別番組

「人類最古のエンターテインメント! マジック4000年の歴史」

2011年1月8日(土) 13:00〜14:54

番組紹介はコチラ

|

Dr.ZUMA TV出演のお知らせ

   BS日テレ開局10周年特別番組

「人類最古のエンターテインメント! マジック4000年の歴史」
  出演 : Mr.マリック 島田晴夫 Dr.ZUMA他

放送日時 : 12月11日(土) 19:00〜20:54
(再放送 : 2011年1月8日(土) 13:00〜14:54)

番組紹介はコチラ


.

|

怖い映画

真夏の怪談話は季節の風物詩ですが、私は一人で怖い映画を鑑賞する
のが好きです。ビジュアル的なホラーに限らず、心理的に追いつめられる
サスペンス等あらゆる系統を含めての「怖い映画」という定義です。
特にハッピーエンドではない「絶望系」が好みです。(変ですかね?)
近年では、ミスト、REC、パラノーマルアクティビティーあたりがストライク
でした。

ところで、子供の頃に観たホラーや怪獣映画は、大人になって観直して
みると意外と陳腐だったりして「なんでこんなのが怖かったんだろう」と
感じることも多いものです。
卒業した小学校の校庭を「こんなに狭かったかな」と感じることもあります
よね。

そんな私が幼少時代に観て、あまりの怖さにトラウマになった映画があり
ます。今観ても絶対に怖いと確信しています。
一部のマニアの間では「最高に怖い映画」とも評されています。
ホラー映画ではなく、人が人を恨む心の業の深さを描いて、まさにゾッと
させる映画です。
実はずっと以前から探しているのですが、お手上げ状態なのです。
DVDは出ていないし、一時期アマゾンでVHSテープが販売されていました
が、買いそびれて入手できませんでした。

興味がある方は検索してみて下さい。
そして映像を入手できた方は、ご一報くだされば幸いです。

 「眼には眼を」 (1957年 仏・伊) アンドレ・カイヤット監督

.

|

より以前の記事一覧