日記・コラム・つぶやき

再配達

近年の私は様々な負担を減らしてストレスフリーを心がけているので、ショー
で使う機材や道具の多くは前もって宅配便で送って、当日は最小限の荷物で
動けるようにしています。(東京での出演に向けて本日も5個口で発送済み)

今や私達の生活には欠かせない宅配便…買い物もネットでポチッとするだけで
指定した日時に届くことが当たり前の日常になっていますが、今年の4月から
は事情が変わったようですね。

2024年問題として様々な業種の時間外労働の規制が強化される中、特に物流
を担うトラックドライバーのニュースが目立ちます。
人手不足が顕著な配達員の労働環境改善を目的とした規制ですが、特に配達員
の負担となっている再配達の低減を促すために、厚生労働省が受け取る側への
呼びかけをしています。
全貨物のうちの4個に1個が再配達になっているというニュースもありましたから、
受け取る側が日時指定をしておきながら不在であれば、配達員が疲弊するのも
無理からぬことでしょう。

しかしですよ、配達する側にも一工夫する余地があるのではないでしょうかね。
通販で宅配をよく利用する人なら経験したことがあると思いますが、在宅して
いるのに一足違いでドアホンの応答に間に合わず、再配達扱いになってしまう
という事象。
配送業者によると、チャイムを2度押して応答が無ければ持ち帰りを原則として
いるようです。
しかし常にドアホンの近くにいるわけではなく、離れた部屋で掃除機をかけて
いて聞こえなかったり手を離せない作業中のこともあるわけですから、3度押し
とかの猶予を考えてもらいたいものです。
受け取る側の再配達依頼の手間も相当な負担になっていますからね。
しかしまあ、なんでトイレに入っている時に限って届くのでしょうねえ。
かといって全て置き配にするのも中身によっては不安ですしねえ。

あと中身は小さな物でも大きなダンボールで届くことがありますが、郵便受け
サイズの梱包にして入れといてくれればいいのにと思うこともしばしば。
立て続けに荷物が届いた週などはダンボールや緩衝材を廃棄するためのゴミ袋
が1〜2個増えますからね。
受け取りの手間ばかりでなく、梱包のダウンサイジングは省資源、省コスト、
省労働力の面からも推進するべきでしょうね。

話は変わって、再配達に関してこんなエピソードがあります…

ある家庭で飼われているオウムが奥さんの声マネが得意で、家人の留守中に
荷物が届いてチャイムが鳴ると、奥さんにそっくりの声で「は〜い!」と応答
するのですが、当然のことながらチャイムを鳴らす度に返事は聞こえても
奥さんが受け取りに出て来るはずもなく…配達員は首を傾げながら不在連絡
票を置いて荷物を持ち帰りました。
その直後に奥さんが帰宅して再配達を依頼したところ、配達員に「ずっと在宅中
だったのになぜ出てきてくれなかったんですか!」とキレ気味に言われたとか…
う〜ん、誰も悪くない。

|

雑感 その8

・ 今年の誕生日当日の夜は大雨の大阪のホテルで独り部屋呑み…虚しい
・ 毎年誕生日の月に実施する健康診断…今年も異常なし!
・ 近年は急に暖かくなるから、せっかくの春物を着る機会がない
・ 新NISA関連本…どれを読んでもほぼコピペで王道は決まっている
・ インデックスはダメな企業にも万遍なく投資するから納得できない
・ 世界的なインフレが進むとインデックスが有利とは言えなくなる
・ 自分が信じるファンドに全力ソルジャー!
・ 不安定な天候で外構リフォーム工事が度々中断…こればかりは仕方ない
・ リフォームのオプションも欲張ると費用は青天井…クルマと同じ
・ 駐車場にEV用の充電スタンド設置しようと思ったけど、やーめた
・ リフォームの期間DBXをどこに置くか悩んだけど良い場所を知った…コチラ
・ 何事も「安心と快適とストレスフリー」に予算を割けば元を取ったも同然
・ クルマのグリルって大事…顔の印象を決定づける
・ グリルのないテスラの顔にまだ慣れない
・ テスラのモデルY…特に白だとマスクを着けたDBXに見える
・ 「なるほどなるほど〜」と繰り返す人は大抵人を舐めている
・ ちなみに「なるほどですね」は九州発祥の方言…他の地方の人には違和感
・ 「あのですね」、「そしたらですね」…何にでも「ですね」をくっつけ気味
・ 「〜からですね」も九州発祥…標準は「〜ですからね」
・ 「カラですね」はマジシャンがハットや箱の中を改める時の台詞
・ 九州のマジシャンは「ポケットにしまう」を「ポケットになおす」と言う
・ なーんか東海地方荒れてんなあ…まあそうなるわなあ
・ 「あーもう僕が悪いってことでいいっすよ!」…本当に悪いやつの常套句
・ 透視なのかと思ったら「実は知ってました」と急に予言になる人がいる
・ 大して詳しくもないサイキック用語は乱発しない方がいい
・ 「これが〇〇です!」…最近のキャッチコピーは流行る兆しがない
・ Mr.マリック著は「黄金の矢」…後輩が懇願「ZUMAさん、毒矢書いて」
・ 物価が上がってもマジシャンのギャラはなかなか上がらない…らしい
・ 「あの頃は稼いだ」と瞬間風速の自慢話をたまに聞く…で、今は?
・ 年に2回の大雨よりも毎月一定の降雨の方が作物は育つ…瞬間風速の負け

|

ハッピー?バースデー

またもや誕生日を迎えたわけですが、また人生の終末に一歩近づいたと思う
と、さすがに心の底からめでたいことなのかと疑問にも感じます。
でもまあ、「今年も大過なく誕生日を迎えられましたね」という「労い」と受け
取れば天邪鬼な私でも納得できるわけです。(日付が変わった瞬間からお祝い
のメールを送ってくださった方々…ありがとうございます)

過去にも自分の誕生日をすっかり失念していても、行きつけのクラブに顔を
出すと「ハッピーバースデー♪」とサプライズでケーキが登場というシーンに出く
わす機会もあって、出てくるという覚悟がないと、まあまあ気まずい瞬間でも
あるわけで…「そんなにハッピーか? あなたにとっては平日でしょうに」と醒め
てしまうと、どんな顔をしていいのやら。

あまりこのような心情を吐露し過ぎると、ここを読んでおられる方々に祝って
もらえなくなるのでこの辺りにしておきますが、人生も終盤になると誕生日を
迎える度に「自分の人生はこれでよかったのか? うん、よかったんだよな、
よかったことにしておこう」などと思いに耽ることがあります。
だって若い人のように今更やり直せることは少ないのですから「これでよかった
んだ」と自身を納得させないと日々やってられないわけですよ。

まあ人生の旅路も終盤…帰り支度で荷物をまとめながら「楽しかったな」と過去を
振り返るのはごくごく自然なことだと思います。
もちろん諦めたことや達成できなかったことや手放さざる得なかったことも
ありましたが、それらを想う時、その「寂しさ」は確かに享受してきた幸せの
残り香なのですよ。

そろそろ「思い出定期預金」を解約してゆったりと過ごすのも精神的には健全な
ことかもしれません…がしかし、そうすると一気に老け込んでしまう気がする
ので、まだまだ第一線で働き続けようと誕生日を機に思いを新たにしました。

思い出定期預金は、そのまま「思い出NISA」に投資して複利で増やすつもりです。

|

雑感 その7

・ 夜のクラブ活動が減ると派手めの服を買わなくなる
・ クラブ活動が減っても腕時計だけは妖艶なのが欲しくなる
・ ハット禁止の高級クラブ…バレバレのヅラはハットの範疇ではないのね
・ 天候次第で着陸地変更の可能性の告知に難癖をつけるおじさんは乗るな
・ 「あの人に会う時は自分を通せ」的な態度の人は間違いなくセコい
・ ケチと臆病だけは一生直らない
・ 多忙になると物事の決定のスピードと正確さが圧倒的に増す
・ 日経新聞日曜版の「脳活超ムズ 間違いさがし」…初のクリアで爽快
・ 最近湿布を貼ることが増えたなあ
・ 眼科医である妹のクリニックで10年ぶりの眼底検査…異常なし!
・ アンチエイジング…最新の医療技術を利用しない手はない
・ 老け込みたくなければ何事も引退しない方がいい
・ どんな仕事でも歳を取ると収入はダウンすることがほとんど
・ 気分を上げて向き合えば、自分で選んだ仕事はキツくない
・ 新型ポルシェ・マカンの顔つきはいいが、EVなので次期候補から除外
・ アストンのスポーツカー…リフトアップ機能があれば検討対象なのに
・ 新型ヴァンテージはカッコいいけど、全部DBシリーズに見えてきた
・ ペニンシュラにオープンしたアストンショールームに行ってみたい
・ 高級車には後輪操舵とソフトクローザーは標準装備であってほしい
・ 立場や環境や持ち物が人間形成に影響を与えるのは事実
・ 割り込まれた時…DBXでは平常心、キャデラックではカチン
・ パクリの原案を確認せずに演じているマジシャンの未必の故意
・ 親指と人差し指をビニールテープで巻くサムタイの原案はフィンジョン
・ 昔FISMで原案者にコピー品を売ろうとするディーラーを見て苦笑い
・ 自尊心なきマジシャンほどコピーと快楽にお金を使う…自己評価の投影
・ 本来の自分よりもコピーの方が小銭が入るなんて、なんと哀しい人生
・ チップを強要するマジシャンへ…「お気を確かに!」
・ チップを強要されている客へ…「どうぞご自愛ください」
・ ギャンブル依存症って怖いなあ…そういやマジシャンにもいたいた
・ わざわざギャンブルしなくてもマジシャンになったことがギャンブル

|

同窓会

3月16日、郷里の宮崎に帰省し、母校である宮崎大宮高校の学年同窓会に参加
しました。(実は先輩マジシャンであるサコーさんも一回り上の同校OBです)

宮崎空港到着後、ホテルにチェックインした後に時間にも余裕があったので、
日高時計店を訪れました。
ここは九州でも屈指の高級時計正規販売店で、数々の有名時計ブランドを取り
扱っています。(リシャールミルの取り扱いがなくなっていたのは残念でした)
旧宮崎銀行のビルに居抜きで作った店舗は、銀行時代の大金庫をそのまま残し
てあり、異様な重厚感を醸し出しています。(以前は大金庫の中がリシャールの
展示コーナーでした)
同窓会の会場までは徒歩5分程度なので、ギリギリまで美しい時計を眺めて心
豊かな気分で会場に向かいました。

さて同窓会ですが、まずは逝去してしまった友人達を偲んで黙祷からスタート
…年齢的にも物故者が増えていくのは不思議ではありませんので、今回の会の
タイトルは「会えるときに会いましょう」と少々センチメンタル。
それにしても同学年の114名が集まったのですから、幹事の働きはもちろん、
みんなの母校愛も大したものだと思います。

当時の先生方も数人参加されましたが、まあよく云われるように、並んで歓談
しているとどちらが先生か生徒か判別がつかないような場面も散見されました。
それも無理はありません…すでに定年退職している同級生も多いのですから。

以前より依頼されていたので、宴の中盤に私のマジックショー…会の趣旨は
旧交を温めることですからあまり出しゃばらないように、10分以内のサロン
マジックで構成しました。
しかし高校時代の文化祭では鳩とファイヤーのマジックをガッツリやらせて
もらっていたので、思い返すと自由な校風の上に緩くて良い時代だったなあと
回想しています。

お開きの後は二次会へ(参加者50名)…近況報告や昔のバカ話をしながら夜は
更けていきました。
次回みんなと会う機会はあるのか、その時に私はまだマジックをしているのか、
それよりもこの世に存在しているのか…心の中に様々なものが去来しながら
ホテルへと戻りました。

翌日はチェックアウト後に宮崎交通センター内の「味のガンジス」に直行。
ここで当時からのソウルフード「鉄板ナポリタン」(メニュー名はイタリアン
スパゲティ)を食して宮崎空港へ。(いつも帰省する理由の半分はこれです)

今回は飛行機でしたが、次回はDBXをかっ飛ばして、違う景色の思い出作り
のために帰省したいと思います。

帰宅したらすぐにリフォーム業者との打ち合わせ…まもなく自宅の外壁塗装と
駐車場造成の工事が始まるので、慌ただしい日々が続きそうです。

|

雑感 その6

・ 古くなったアンダーウェアを捨てるタイミングがわからない
・ 海外で捨てるつもりのアンダーウェアをつい持ち帰ったことがある
・ 最近取り寄せたボクサーパンツの履き心地が快適…即追加オーダー
・ カートに入れたまま迷っていると後追いセールスがしつこい
・ 家の外構リフォームもファッションかそれ以上のセンスが問われる
・ 自宅前の邪魔な標識の移動申請…許可は出たが工事費自己負担は理不尽
・ 不動産屋、リフォーム業者…レスポンスが遅い会社はやはりダメダメ
・ 仕事は忙しい人に頼むに限る…暇人がダメなのはマジシャンでも同じ
・ 自分は世間から必要とされているとアピールする人ほど暇な気がする
・ ん?スライハンドが衰退した理由?…稼げないからじゃない?
・ 古今東西どんな仕事でも収益効率が高い分野は衰退していない
・ 平成初期のブームで超魔術の二番煎じが増えたのは稼げたという証左
・ 新ネタよりギャラの上げ方や老後対策のレクチャーの方が有益だと思う
・ 愚痴か説教か弁解か自己啓発かまとまりがない文章は気持ち悪い
・ 空港売店…いつもながら「博多通りもん」の山積みはハンパない
・ 手荷物検査場…同じ格好で空港によって探知機の反応が違うのはなぜ?
・ あんな検査器で飲みかけの「いろはす」を調べて何がわかるの?
・ 前面がボタンではなくファスナーのシャツは上着とみなされ脱がされる
・ 優先搭乗しないと頭上の収納スペースの空きがなくなる
・ 着陸後、ボーディングブリッジではなくバス移動だとがっかりする
・ 空港のトイレで観察していると、手を洗わないおっさんって多い
・ 機内で革靴を脱いで香ばしい臭いを漂わせるおっさんも多い
・ 3月だけで飛行機搭乗12回…さすがに働き過ぎ&遊び過ぎ
・ プライベートジェットに乗る人は自慢ではなく時間を買っている
・ 貸したお金は戻ってきても、与えた時間は返してもらえない
・ 確定申告…やり手の税理士に代えて10年…問題なくサクサク進む
・ 税理士の仕事は依頼者の利益よりも、きちんと納税させること
・ 納税は国民の義務だけど予定納税は勘弁…通知が届くと凹む
・ コンビニで支払い中に新たな惣菜が搬入されるとちょっと凹む
・ 別売りドレッシングを買った後にサラダの下に見つけた時の敗北感

|

雑感 その5

・ 2月末…すべての腕時計の日付調整が大変
・ パーペチャルカレンダーが2/29から3/1に切り替わる瞬間が見てみたい
・ 最近電化製品が壊れやすいので、自分はスライダー体質かと疑っている
・ 早朝に目覚めた時に観る番組は、テレ東の「モーサテ」一択になっている
・ マグネフィセントセブンとセキュラーグロースの組み合わせが堅実とか
・ 雨が降ると思う…傘とカーポートは大きいに越したことはない
・ カーポートを取り換えようにも新商品のサイズが敷地とDBXに合わない
・ 月極駐車場に家が建つので契約解除…すぐに他が見つかって良かった
・ 路上で洗車をしているおバカさんが警察に注意されている…当然
・ ロゴマークが羽根って多いなあ…ローバーミニ、ベントレー、アストン…
・ エンポリオアルマーニとパチンコPLAZAのロゴマークが紛らわしい
・ 残り少ないボトルを自然に空けるのが一流ホステス…抵抗なくもう一本
・ 真冬のヒートテック以外の時期は長袖のエアリズムが丁度いい
・ 文章の最後の「。」が怖いと言う若者の感覚が理解できない
・ 「生きるためのマジック」と「マジックのために生きる」…天と地の差
・ くらしのマーケットにマジシャンが登録…自らの「くらし」が最優先?
・ 料金を見て消費税かと思った…いや冗談抜きで…世も末
・ 「〇〇優勝」…こういうとこに登録しなくて済むための経歴でしょうに
・ 若手の宣材写真に自分がデザインした道具を発見…流出元判明で納得
・ 無断で同じ物を頼む人も作る人もプライドが欠如…お里が知れる
・ 同じ燕尾服を作ろうと企み、密かに型紙を入手しようとした愚か者がいた
・ マジシャンが犯罪と生活保護受給の温床とならないことを切に願う
・ インバウンドのせいか、週末のホテル宿泊料金の高騰がエグい
・ 大阪⇄名古屋は食べてから行くか着いてから食べるか悩む
・ 名古屋でひつまぶしを食す…完璧な仕事の後はなおさら美味い
・ 鰻は名古屋ならひつまぶし、福岡ならせいろ蒸し…これで決まり!
・ 新幹線で配られるおしぼりは何かの時のためにとっておきたくなる
・ 駅弁は温めない方が美味しいと思う
・ ファミマでパスタを買ってもフォークがもらえず割り箸で…世知辛い
・ ファミマでソフトモヒカンの外国人バイトの名札を見たら「モヒ」…笑

|

雑感 その4

・ 祝!34年ぶりの日経平均最高値更新…もはや「バブル後」ではない
・ 日替りポルシェ…アンバサダーでもない勝ち組の友人が実現している
・ 勝ち組の定義?…そりゃ脱税をしていない高額納税者でしょ
・ 客観視せず自分ルールで勝敗を決めると精神論上の勝ち組が生まれる
・ ソニーと日立が相互副業を許可…画期的!
・ 予想通り、仕事は二刀流や三刀流が当たり前の時代になってきた
・ 「俺はこれ一本で食べてんだ!」…「でしょうねえ」としか言えない
・ 「40代はソフト老害」…とっくに老害の自分が言うのもなんだが正解
・ 指先の乾燥が酷くてワンダラーサイズのロールダウンが難しい
・ ハンドクリームと「ふじいあきらのハンドエイド」が手放せない
・ できなくなったマジックに固執しなくなると逆に可能性が広がる
・ 物事の先延ばしはしない…今日やるべきことは昨日終わらせている
・ マジックで使う消耗品は10回分はストックしておく性格
・ 目覚ましをセットしても15分前には目覚めてしまう体質
・ 面倒見が良いとよく言われる…やるからには徹底して助ける主義
・ 歯ブラシ…ブラシが毛ではなくゴムのタイプも慣れると快適
・ 加齢でトイレが近くなる…飛行機も新幹線も必ず通路側の席を指定
・ 自宅トイレに小型テレビを設置するとつい長居してしまう
・ ダブルタイプのトイレットペーパーはすぐになくなる
・ 汚い話だけど…人の生き様って便座の裏に出ると思う
・ 訪問集配と配達、さらに銀行決済のクリーニングはホント便利
・ セーターをクリーニングに出す直前に焼肉に行ってやろうかと迷う
・ RIMOWA Pilot ケース…ブラックが登場、カッコいいんだろうなあ
・ 新しい防犯カメラの機能が凄い…これで一安心
・ 暇だと浪費するけど忙しすぎると貯まる…「貧乏暇無し」は嘘
・ 新NISAは5年で投資限度額到達の計画…時間が味方になる歳じゃない
・ オールカントリーやS&P500でチマチマやっている時間的余裕はない
・ 投資で資産が増えた人の特徴トップ2…死んでる人と忘れていた人
・ お金は安心と快適と自己満足に使うのが一番…生活のためは大前提
・ 20代に想像したほど60代も捨てたものじゃない

|

洗車グッズの紹介

時代の変遷と共に全国的にガソリンスタンドが減少しています。
世界的な潮流としてEVが普及していけば、さらに減ることはあっても増える
ことはないでしょう。
人手不足もあってか、フルサービスのスタンドがセルフへと変わっています。
私の自宅近くのスタンドも随分前にセルフになったのですが、それに伴って
スタッフによる手洗い洗車のサービスがなくなり、洗車機のみ(外車は不可)
になってしまいました。
当時の愛車クライスラーは大き過ぎて洗車機に入らず、この頃から自ら洗車
をするようになりました。

以前にも紹介した出張洗車を利用することもあるのですが、電話で出前の
ようにすぐ来てもらえるわけではなく、込み合う時は約一週間前からの予約
が必要で、当日が悪天候で延期になることもしばしばなのです。
近年は天候不順が常なので、数日先の洗車の予定を立てることすら難しい
のが現実です。

とはいえ、いざ出掛ける時に愛車が汚れていると気分が上がらないし、思い
立ったらすぐに行動しないと気が済まないせっかちな性格なので、自分で
洗車をする機会が増えました。
DBXとシグネットの2台を洗車した日は、日課のウォーキングとスクワット
をしなくても済むくらいの運動にもなって一石二鳥です。

何事もやり始めると凝り性のせいか、洗剤選びから拘るなどしてキリがあり
ません。
一番の悩みはイオンデポジット…これは水道水で洗車した際に、すぐに水分
を拭き取らないと、乾燥していく過程でミネラルなどの不純物が塗装面に
残って、白いシミができるもの。(キッチンや洗面台の白い水垢と同じです)
一旦できてしまうと除去するのが困難なので、蒸発しやすい炎天下での洗車
を避けたり、ルーフやボンネットなどの部分別に洗って、すぐに水分を拭き
取るなどの工夫が必要です。

そこで注目したのが、水道水から簡単に純水(精製水)を作ることができる
洗車用純水器。
原理としては、イオン交換樹脂のフィルターによって水道水に含まれる不純
物を取り除いて純水を作り出すもの。
以前から存在は知ってはいたものの、ネットで調べても大きかったり、高額
だったり、カートリッジ交換が面倒だったりと、やはり専門業者向けの商品
なのかなと購入を逡巡していたところ、家庭用でリーズナブル&コンパクト
な純水器を見つけたので、昨年の暮れに購入して使っています。

もちろんカートリッジ交換は必要なので、何回使えるかが気になるところで
すが、本当に不純物が除去されているかを計測するTDSメーターも付属され
ているので、交換時期を知るには便利です。
フィルターを通すのでホースの水圧は弱くなりますが、車体を流れる水質が
柔らかく感じるし、明らかに汚れ落ちも優れています。

パッケージには「洗車後の拭き上げ不要 !」とまで豪語していますが、はたして
そうなのか…DBXのボンネットで試してみましたが、確かに水分蒸発後も
ピカピカのツルツルでした。
しかし濡れたままで放置するのは気分的に抵抗があるし、100%信用する
よりはちゃんと拭き取りもした方が確実ですね。
とりあえず天気の良い日にどんどん蒸発して拭き取りに追われて焦ることは
なくなりそうです。

洗車に凝っている方には超オススメです。

詳細は…コチラ

|

雑感 その3

・ エスカレーターの右側に立つと大阪に着いたと実感する
・ ランディーの中華料理が旨い!…もちろんマジックは巧い!
・ ホテルの格はアメニティの質に出る…特にT字カミソリ
・ 一枚刃のT字カミソリは危険…朝から血が滲むと一日が台無し
・ 「御教訓カレンダー」が45年の歴史に終止符…残念!無念!
・ 2年間腰痛の発症なし…日々のスクワットの賜物か
・ 「自分へのご褒美」という言い訳は「後ろめたさの薄め液」
・ 常に頑張っていたらご褒美はきりがない…欲しい時に買うべし
・ 「一生モノだから」という言い訳は無力…そのうちに飽きる
・ 腕時計シェアサービス破綻…時計を愛していればまず貸し出さない
・ 衝動買いを避けるには危険なブティックには近づかないこと
・ 一週間熟考した結果なら衝動買いではない…と自分を納得させる
・ 歯間ブラシ…セブンイレブンのだけ携帯ケースが付いててお得
・ 男性用保湿美容乳液「サントリーVARON」がなかなか良い
・ フランクミュラーのトゥースペーストもなかなか良い
・ ちょっとメディアに出始めの頃が一番舞い上がる…自意識過剰
・ 急に人を集めてと頼まれても…頼み方と頼む相手が違うだろって話
・ 「縁」…切られた側は話題をスルーするか自ら切ったことにしがち
・ アマチュアに飼い慣らされるプロ…言い訳をして正当化する
・ 核心を突かれたマジシャンと浮気現場に踏み込まれた人の動揺は同じ
・ 誰の変面も曲まで同じ金太郎飴…差別化とは無縁のファストフード化
・ 不細工なコピーイリュージョン…作るな!売るな!買うな!演るな!
・ 胴元に搾取される派遣マジシャンの予言マジックには信憑性がない
・ チップ待ちをしているマジシャンの顔は気まずくて直視できない
・ チップを生活の糧にするレベルなら廃業した方がいい
・ 「先が見えない」と「先が見えた」…どちらも廃業の必要十分条件
・ なかなか味が消えないガム(マジシャン)はなかなか捨てられない
・ 「マジシャン」はこの世で一番カッコいい職業だ!…と今でも思う

長文の考察を書くよりも、とりとめもない雑感を書く方がホント楽ですね。

|

より以前の記事一覧