« 仕事の誇り | トップページ | 雑感 その3 »

トートバッグ 新調

もうすでに活躍しているPilotケースの使い勝手が良すぎてヘビロテ状態なの
ですが、毎度のことながらセットアップ病を発症して、一週間熟考した結果
トートバッグを購入。

今回購入したのはこちら…RIMOWA トートバッグ ラージ

普段出かける時はトートバッグのことが多いので、TPOに合わせてレザーや
キャンパス素材を使い分けているのですが、多くのラグジュアリーブランド
のトートバッグは、これ見よがしのロゴが目立ち過ぎるし、機能的にも使い
勝手が良いとは限りません。
このトートバッグはキャンパス生地がベースではあるものの、底やサイドに
硬めのレザーを使用しているので、置いた時にクタッとならずにカチッと
自立して取っ手も2WAY、汎用性のあるシンプルなデザインで重宝します。
また背面にトラベルストラップがあるので、Pilotケースのテレスコープハン
ドルに通すとしっかりと固定されて安定性も利便性も申し分なしです。

RIMOWAの商品は総じて高額ですが、それにも納得の理由があって、軽量
で堅牢であることが売りですが、万が一ロックやキャスターが破損しても、
ケースの外側に刻印されたシリアルナンバーで所有者を登録し、世界中の
直営店舗で修理対応してもらえる生涯保証が充実しているのです。
それでもネット上では「RIMOWAのキャリーケースで海外旅行に行きたい
けど、ケース代で海外旅行に行ける」と揶揄されてもいます。(本物の道具に
拘るマジシャンも「ATAケース代で道具が買えるよなあ」…と悩むものです)

RIMOWAの商品を最後に購入したのは2009年なので、Pilotケースで15年
ぶりなのですが、現在は様々なキャリーケースはもちろん、iPhoneケース等
のテックアクセサリーまでバラエティに富んだ商品展開をしていることに驚き
ました。
その中でも興味を引いたのは以下の二つ…

3本の腕時計を持ち運べるウォッチケース…シルバーとブラックの2色展開
ですが、ブラックが何気にカッコいいです。

もう一つは私には無縁のバイオリンケース…バイオリンの価格は青天井の
逸品もあるほどですから、中身の価値次第ではこのケース代は安いくらい
でしょう。

もし私がノームニールセンのフローティングバイオリンを入手したならば、
間違いなくこのケースを即買いします、(あ、2個必要か…)

|

« 仕事の誇り | トップページ | 雑感 その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事