« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

雑感 その2

・ センチュリ−SUVオープンカー…優勝力士のパレードにピッタリ!
・ 寒くなると札幌の友人が送ってくれるラーメンが有り難い
・ 寒い日はメタルブレスが冷たいので、革ベルトの腕時計を選びがち
・ RIMOWA Pilot ケース…使い勝手が良くて欠点が見当たらない
・ 俺の席だ!と言い張って番号違いに気づいたおじさんはバツが悪い
・ JALダイヤモンドラウンジで窃盗…地位とセコさには相関関係はない
・ 移動が続いて各地のテレビチャンネルが覚えられない
・ ゴジラ−1.0のオスカーノミネート…素晴らしい
・ TVで神木隆之介さんの頭にベニコンゴウが止まったのが懐かしい
・ 個人的にはリピートの中毒性を感じるシン・ゴジラの方が好み
・ 出張洗車を予約した日が雨か雪の予報…延期手続きしたらまた雪
・ 防犯カメラの一台が不調…物騒な世の中、即対応
・ マジック愛好家亡き後の道具は、遺族にとってはゴミでしかない
・ 寂しくなったマジシャンは、意外な場所に出没するようになる
・ 付き合う人種の偏差値に引きずられるのは恐ろしいこと
・ いい大人がタクシー代をケチって始発まで粘る人生って…切ない
・ 手渡すタクシー代が東京1万円、福岡5千円、大阪3千円て差別?
・ 「余人をもって替え難い」のも一時期だけ…すぐに埋まる
・ ファイルを整理するとやばい業界極秘資料や手紙が続々出てくる
・ マジック村の史実の内容は、まさに「酒のツマミになる話」
・ 被災地に空き巣や詐欺目的で入る輩は、その場で銃殺でいいと思う
・ 「被災地に笑顔を」と押しかけるエンタメの笑顔は胡散臭いはず
・ 売名行為と疑われるなら、ふるさと納税や義援金で十分だと思う
・ 災害救助隊を新設して、自衛隊には本来の国防に専念してもらいたい
・ 何度も鳥を空輸した身としては飛行機のペット問題は他人事ではない
・ インボイスねえ…本来収めるべき消費税を懐に入れてきた報い
・ 有料のナビダイヤルで延々と待たせて繋がりにくい証券会社は解約
・ 特注のレザーマジックアイテムの評判が良くてほくそ笑んでしまう
・ 日経平均株価の上昇は、もっとほくそ笑んでしまう
・ 「幸せになりませんか?」と勧誘する宗教信者の顔が幸せに見えない

|

新NISAとアドバイスの価値

今年から新NISA制度がスタートしましたね。
まずNISAとは株の値上がり益や配当、投資信託の分配金などの投資の利益
にかかる20%の税金がゼロになる制度です。
投資で100万円の利益が出た時に、80万円しか手元に残らないのと全額を
受け取るのとはでは大きな違いです。

かなりお得な制度ですが、これまでは投資できる上限額の低さと5年経った
らどうするかなどの面倒な点もあって、私自身は利用していませんでしたが、
今年からの新NISAでは大きく改善されたので、某証券会社に口座を作りま
した。(どのファンドに投資するかはこれから吟味します)

概略としては、制度が恒久化(非課税運用期間が無期限)され、積み立て投資
枠が年120万円、成長投資枠が年240万円で、年間に360万円まで投資可能と
なります。(まさに神改革です)
生涯投資枠は1800万円なので、毎月30万円投資すれば最短5年で限度額に
到達するため、若い人はもちろん、資産形成に残された時間が短いシニア
こそ活用すべき制度なのです。
70代から取り崩そうと思えば、恩恵があるのは60代前半まででしょうか。

また金融商品の販売手数料はどんどん低下する傾向にありますが、新NISA
がさらなる原動力になるでしょうね。
新NISAでは、年間の非課税投資上限が360万円となりますが、120万円分の
積み立て投資枠では販売手数料が0円です。
しかも信託報酬が低く抑えられている商品だけが投資対象として認定されて
いますから、手数料という面では極めてメリットが大きいと思います。

さて、このように投資家にとってはメリットの大きい制度ですが、手数料
収入で稼いできた金融機関やアドバイザーにとっては収入減となるわけです
から、今後はどうやって帳尻を合わせるつもりなのでしょうか。
収益をカバーするために、表面上は見えにくい高い手数料の金融商品を販売
して帳尻を合わせようとする金融機関やアドバイザーも出て来かねません。
本来、こうしたアドバイスの報酬は、アドバイスというサービスに紐付けて
支払うようにするべきなのに、商品に紐づけられて支払っている限り、お金
との向き合い方をサポートしてもらうのは心配になります。

アドバイスというサービスに報酬を支払う習慣がないためか、知識や情報を
無料で得ようとしがちな人が多いようです。
マジシャンの一部にも、知識のインプットや情報を得るのはタダという概念
がまかり通り、気軽に演技や演出の相談を持ちかけてくることもありますが、
アドバイスをしたところで、さも自分で考えたかのような顔で演じていたり、
得たいものを得たら次々に師匠ホッピングを繰り返す者を見てきました。

昔、ある制作会社からアドバイスを求められたのでアイデアを提供すると、
断りもなくそのままギャラの安いマジシャンにやらせたり、BS番組に提出
した企画書ごとパクられた事例もありました。
弁護士に相談するのが有料のように、アドバイスというサービスに正当な
報酬を支払うべき時代に来ているのではないでしょうか。

新NISAスタートを機に、アドバイスについても考察してみました。




|

キャリーケース 新調

機内持ち込みサイズのキャリーケースを購入しました。

今回購入したのはこちら…RIMOWA Pilot ケース

長らく品切れ状態が続いており、数年待ちの人がいるほどの人気商品なので、
他のブランドのケースを購入するために出かけたのですが、ダメ元で天神西
通りのRIMOWAショップに立ち寄ったところ、運良く入手できました。
なんでも2年待ちしていた方にやっと入荷したと連絡したところ、キャンセル
されたとのこと…待ちきれなかったのも理解できますが、2年の間に値上げ
されたのもキャンセルの理由だったとか。
いずれにしてもラッキーでした。

RIMOWAならではの堅牢さに加えて4ホイールで動きがスムーズだし、上開
きなので物の出し入れが容易で、何よりホテルの部屋でケースを倒して全開
にしなくて済むところが気に入っています。
マジシャンがテーブルホッピングをする際にも、アタッシュケースよりも上
から道具を出し入れできるドクターバッグの方が主流になっていますよね。

機内持ち込みサイズのキャリーケースは、縦×横×幅の3辺の合計が115cm
以内(座席数100席以下の航空機の場合は110cm以下)、重さは10kg以内と
定められています。
これに合致するキャリーケースは、10年以上使用しているRIMOWA2個、4年
前に購入したZUCAと海外で購入したノーブランド品の計4個を所有してい
ますが、いずれも2ホイールで斜めに傾けて引いて歩くタイプ。
このタイプの長所は、新幹線の床に置いている時も勝手に転がったりしない
こと。
短所は、雨の日は傘から後ろにはみ出すのでかなり濡れること。
それと空港や駅などの人が交差する混み合う場所ではケースに当たって躓く
人がいること。(その多くはスマホを見ながら歩いている非常識人ですが…)
どのような理由なのかは知りませんが、最近は身体の真横のポジションで
転がせる4ホイールタイプが主流となっているようで、RIMOWAも随分前
から2ホイールタイプは製造していないとのこと。
しかしネットを確認すると、見た目はRIMOWAそっくりのバッタ物が氾濫
していますね。
どうしても、すぐに破損したりキャスターが外れたりしそうなイメージが
付きまといますが、バッタ物のマジック道具を入れるには良さげです。

今回キャリーケースを新調したのは、使い勝手の良さを求めてというのが
主な理由ですが、もう一つの理由は移動の際の気分を上げること。
仕事は好きだし移動は慣れているので、そこが苦になることはないのです
が、モチベーションを維持するために、服や靴や腕時計をコーディネート
して気分を上げて出かけることを心がけています。
気分が上がると見慣れた景色の彩度も上がります。
Pilotケースという新しい相棒とは長い付き合いになりそうで、すでに気分
は上がっています。

使い勝手は別として、実はもっと気分が爆上がりしそうなキャリーケース
があるのですが、機内持ち込みサイズを若干オーバー(3辺の合計が119cm)
しているので購入を逡巡しています。
それはGlobe-Trotterの以下の2モデル…

007 NO TIME TO DIE モデル
ASTON MARTIN F1 モデル


実物を見てきましたが、いやあカッコイイです。

|

新年の雑感 33題

年末年始の身近な出来事やニュースや番組を観た一瞬の雑感を、とりとめも
なく羅列。(時系列は順不同)

・ 市場が閉じてからの日経新聞は内容が薄くて読み応えがない
・ 久しぶりに週刊誌を購入…限りなくクロに近いグレーかな
・ ふるさと納税の返礼品で届いたおせちは…まあこんなものかな
・ 正月早々揺れる日本は大丈夫なのか…
・ 飛行機移動が多い身としてはゾッとする…
・ 車に乗らない日が続くとバッテリーコンディショナーが重宝する
・ 年賀状が減少傾向…ハガキ代が値上げされると拍車がかかるはず
・ 並んでまで福袋を買う人の気が知れない
・ ダイハツがこけて、ここぞとばかりにスズキのCMが増えた気がする
・ マジシャンのメディア露出が増えるのは良きこと
・ 損得勘定…十把一絡げの出演だとやっぱり損に見える
・ 録画予約を忘れても、タイムマシン機能があるとホント便利
・ 百戦錬磨のベテランとコネ演者の実力差たるや…歴然
・ 大画面で見るに堪えない時は、躊躇なくスキップ
・ 扱われ方で印象は変わる…もっと自分を大切にすればいいのに
・ 言いがかりは気にしないこと
・ 人生は晩年にジタバタしなくても済むように準備をするのが肝要
・ 引きこもりが続くとウォーキングマシンが大活躍
・ リセール価格で選ぶ人は、真に好きな時計や車はないのだろう
・ 洗車直後に雨に降られてもイラッとしなくなった
・ 鍋を予定していた日が予想外に暖かいとイラッとする
・ レスポンスが遅い相手は昔からイラッとする
・ その気がない時の手拍子の強要もイラッとする
・ チップの強要はイラッとしてさらにカチンとくる
・ 外では朝まで飲めるけど、家では早めに眠くなる
・ 大晦日に格闘技を観ていた時代が懐かしい
・ 紅白よりテレ東の年忘れにっぽんの歌の方がしっくりくる年齢
・ 箱根駅伝…安定の面白さだけど、ビールのCMが頻繁過ぎる
・ 優勝嬉し泣き、2位悔し泣き、シード権獲得の10位は超嬉し泣き
・ 厳ついセンチュリーSUVが運営管理車を煽っているように見える
・ クラウンスポーツ…プアマンズフェラーリというあだ名はかわいそう
・ もらったところで使いたくないカレンダーって多い
・ 今年のフランクミュラーの卓上カレンダーが超ステキ


1テーマで長文の考察を書くよりも、はるかに楽でしたぁ。

|

2024年 始動

2024年、明けましておめでとうございます。

昨年は幸いなことに全てにおいて充実した一年だったので、今年もそうあり
たいな(もうそんなに高望みはしないので、できれば現状維持で…何よりも
健康で)と思いながら新年を迎えました。

しかし世界情勢に目を向ければ不安は尽きません。
今年も続くであろうロシアによるウクライナ侵攻、収束の兆しが見えない
イスラエルとハマスの紛争、エスカレートする中国の覇権主義や北朝鮮の
ミサイル開発、さらに今年は1月の台湾総統選挙、3月のロシア大統領選挙
(プーチンの再選確実)、11月にはアメリカ大統領選挙(トランプの再登板の
可能性も大)が行われるので、激動の年になるのは間違いありません。
そんな世界の中で日本の政治がパーティー券の裏金問題に翻弄されている
現状を鑑みると、あまりの情けなさに憂鬱になってしまいます。

以前にも書いたように、マジックを含めたエンタメというのは日用品でも
なく、ましてや生活必需品でもなく、別になくても困らない嗜好品なので
すから、世界情勢次第ではあっという間に需要がなくなる仕事です。
コロナ禍を経て昨年から世の中も動き始めてはいますが、ここは調子に乗
って攻めるだけではなく、用心深く守りも固めるつもりです。

今年も年明けから移動が多く、1月の飛行機の搭乗回数は8回の予定です。
時間に余裕があれば、各地のマジシャン仲間と飲めるのを楽しみにしてい
ます。
また声をかけますから、今年も宜しくお付き合いください。

|

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »