« マジックと愛車遍歴 9 (最終回) | トップページ | トレンドカラーとコラボ時計 »

2021年 初夏

ここのところ「マジックと愛車遍歴」のみを書いてきたので、今回は近況を
つらつらと…。

6月10日、2回目のワクチン接種が終了…接種直後からカロナールを服用した
ので、接種当日の副反応による発熱は無し。
実は、接種して数時間後には飛行機に搭乗予定で、空港での検温時に発熱
して移動できなかったらどうしようと懸念していましたが、無事に搭乗できま
した。
接種翌日の昼過ぎから、37.4℃の発熱と軽度の頭痛と倦怠感が出現しました
が、寝込むほどではありませんでした。
しかし、接種後2日間程度は、完全オフ日にした方が無難でしょうね。
コロナ禍で里帰りも出来ず、親父の法要もずっと延期になっていたのですが、
90を過ぎた母親も二人の姉も妹も、早々に2回目の接種を終了しているので、
来月には久しぶりに親族が集って、三回忌の法要を行う予定です。
巷では、「コロナはただの風邪」と言う人もいますが、あの重症化率の高さを
見れば、ただの風邪ではないことは明らかでしょう。
それと、「コロナ菌」ではなくて「コロナウイルス」です。

映画「茜色に焼かれる」を鑑賞…
「ヤクザと家族」での好演も印象に残っていますが、今回の作品は俳優としての
尾野真千子の代表作となるでしょうね。
交通事故で夫を亡くし、シングルマザーとしてアルバイトをかけもちしながら
必死に生きる主人公に、追い打ちをかけるように襲いかかる差別や悲劇…。
事情は人それぞれで違うのでしょうが、中洲のホステスさんでも似たような
境遇の方々を多く知っているし、街中のロケで、エキストラではない人達もが
マスク着用していることから、コロナ禍での現在進行形の物語として、心に
深く刺さりました。
問題に直面する度に主人公が呟く「まぁ、頑張りましょう」という口癖が印象に
残ります。

映画といえば、コロナ禍で上映が延期になっている007の最新作「007ノー・
タイム・トゥー・ダイ」…劇中には、なんと4台のアストンマーティンが登場する
とのことですが、そのフラッグシップである「DBSスーパーレッジェーラ 007
エディション」が、50台限定で市販用(約3,900万円)に生産されました。
現在のところ、日本仕様に関してのアナウンスはないものの、全世界限定と
なっているところから、何台かは導入されるかもしれませんが、もうすでに
完売しているでしょうね。
しかしまあ、カッコいい! ホイールがエグい! 厳つい! 乗りたい!
その全貌は…コチラ

5月末に開催された後輩マジシャン内田貴光の「プレミアムマジックサロン3」…
招待されてはいたものの、この2日間は大阪滞在だったために観れなかった
のですが、彼が記録映像を送ってくれました。
いやあ、よく稽古していることが画面からもビンビン伝わります。
コロナ禍にあって、彼も御多分に洩れず、数々の仕事が中止や延期になって
しまったそうですが、腐ることなく愚直に完成させた演技は、アフターコロナ
において、きっと日の目を見ることでしょう。

後輩の頑張りに刺激を受けたところで、私事です…7月後半に、某アマチュア
マジッククラブの発表会にゲスト出演する予定(本来は昨年の予定でしたが、
今年に延期)なのですが、もともと狭い会場の座席を半減させて、招待客のみ
での開催とのことなので、ここでの集客目的の告知は遠慮させていただきます。
すっかりステージ感覚が錆び付いてそうなので、そろそろウォーミングアップ
を始めます。

まぁ、頑張りましょう…

|

« マジックと愛車遍歴 9 (最終回) | トップページ | トレンドカラーとコラボ時計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事