« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

マイル特典交換と快気祝い

前回書いたように、JALのマイルがかなり貯まったので、ポイントを2つの
商品と交換しました。(これを書いている時点ではまだ届いていません)

まず一つ目は…Dysonのヘアドライヤー
掃除機や空気清浄機能付きファンヒーターもDysonを使っていて、この
メーカーの品質を疑う余地はありません。
このドライヤーは発売当初から気にはなっていたのですが、ドライヤーに
この出費はなあ、今使っているドライヤーが壊れてからでいいかな…などと
逡巡して延び延びになっていたところ、ポイント交換のカタログに載って
いたので迷わず選択したわけですが、こういう物こそ自腹を切らずに手に
入れると嬉しいですねえ。

年末からの腰痛、年明けからの手術で、スクワットや腹筋トレーニングが
できない状態が長く続いています。
早く再開したいのですが、まだしばらくは腹圧がかかるような運動は控え
た方が賢明だし、かといってこのまま筋力が衰えていくのも忸怩たるもの
があるし…で、選択した二つ目の商品は…SIX PADのAbs Belt
私は基本的には、短期間に楽して結果が出ると喧伝するヘルスケア商品は
眉唾ものだと思っている人間なのですが、サッカーのクリスティアーノ・
ロナウドがアンバサダーとなって、気になっていたのも事実。
これこそポイント交換だったからこそ選択した商品ですね。
まあ過度な期待はせずに、テレビを観ながら使ってみましょうかね。

本来は、モノの価値を決めるのは「時間」であると信じています。
だからこそ6パックの腹筋や語学力のスキルなど、一朝一夕では手に入ら
ないモノに多くの人が憧れるんです。

上記2点については、そのうちに使い心地等のレビューを書きますね。

さて、術後の痛みが完全に消えたら快気祝いとして何かを買おうと思い、
伊勢丹メンズ館を散策していたら、Berlutiのトートバッグに一目惚れ。
完治もしていないのに勇み足で即買いしてしまいました。
ファスナーの部分と取っ手のパープルがエロい。
年末に、フランク・ミュラーの時計の中の1本のベルトをパープルに替えた
ばかりだったので、どうしてもセットアップにしたくなったのです。
トートバッグはいくつか所有していますが、そのほとんどが柔らかめの
素材だったのに対して、これはカチッとした作りで自立するし、軽くて
雨にも強く、取っ手とショルダーベルトの2ウェイ仕様なので、かなり
実用的です。
これで日々のハードな出張の励みになって、気分が上がりさえすれば、
もう元を取ったも同然なのです。(嗜好品とはそういうものです)
出張帰りで荷物も多く、さすがに持ち帰るのも術後の身体には負担と
なるので、福岡までの配送をお願いしました。

夜のフライトで福岡に戻って、バッグが届くのを楽しみに床についた
のですが、夜中に突然下腹部の傷口に激痛が…「うぎゃあ!」…
愛猫がドンッとお腹に飛び乗ったのでした。
死ぬかと思った。

|

満身創痍

1月11日、鼠径ヘルニアの手術を受けました。

鼠径ヘルニアとは、足の付け根から恥骨にかけての鼠径部の筋膜が破れて、
内臓の一部が皮下に飛び出す疾患で、外科領域の疾患では虫垂炎(盲腸)と
共に発症頻度が高いとされています。
加齢により筋膜が緩む中年以降に発症することが多く、9割近くが男性です。

正月の1月2日、箱根駅伝を観ていたら、右鼠径部〜下腹部に軽い鈍痛を感じた
ので、年末から続く腰痛からの放散痛か虫垂炎かなと自己診断していたところ、
4日から下腹部の右側が膨らみ始めたので、これはヘルニアに違いない、外科を
受診しなきゃと思いつつも、翌5日から7日までは東京出張だったので、8日の
受診予約をしていざ出張へ…下腹部と腰の痛みに耐えながら仕事をこなして
天気予報を確認すると、なんと7日から福岡は吹雪で交通網に影響が出るとの
ことだったので、慌てて7日の夜のフライトを朝に変更して福岡に戻り、予定
通り8日に受診して11日に手術となった次第です。
実際に7日の午後の羽田〜福岡便は軒並み欠航となったので賢明な判断でした。

還暦を迎える時でも、細いスキニージーンズを履くことをモチベーションに、
日々ウォーキングやスクワット、腹筋を中心とした筋トレに励んでいた自分が
何故と思ったのですが、実は加齢に伴う筋膜の破れは筋肉を鍛えても自然治癒
することはなく、根治のためには外科的に筋膜の穴を塞ぐしかないのです。
ということで、私が受けた術式は、穴を縫い付ける方法(再発も多く痛みも強い)
ではなく、筋膜の下にポリプロピレン製の形状記憶型のメッシュを埋め込んで
腹膜を支えるクーゲル法で行われました。
硬膜外麻酔と笑気麻酔であっという間に眠りについて、目覚めた時には全てが
終わっていました。
痛みも想定内の範囲だったので、なんと翌12日からの東京出張を決行…抗生剤
と鎮痛剤を服用しながら仕事をこなして福岡に戻ってこのエントリーを書いて
います。
術後に安静にすることもなく出張するなど、決して褒められたことではありま
せんが、こんなご時世でも必要とされて休みもとれないほど忙しいというのは
有り難いことだし、私自身がワーカホリックであることを自覚してますしね。

ここでは何度も複業(副業ではなく複数の本業を持つこと)について書いてきま
したが、10年以上前のマジシャンとしての絶頂期から「仕事面も体力面でも、
こんなに調子の良い状態がずっと続くはずがない」という用心深さが功を奏し
てか、複数の収入源を準備してきたことによって、このコロナ禍でマジックの
仕事が蒸発しても、自分なりに盤石の体制を整えつつあります。
複数の仕事の中には、経営や投資関連でデスクワークで済むこともあるのです
が、メインとなるのはやはり本人が動かないと物事が進まないエッセンシャル
ワーカーの側面が強いので、術後でありながらも動かざるえないことになって
しまいがちなのです。

この一年間、患者として数々の外来受診をしてきました…親知らず抜去で歯科、
腹部不快感の胃カメラ検査で内科、飛蚊症で眼科、痒疹治療で皮膚科、腰痛で
整形外科、そして鼠径ヘルニアで外科…もう満身創痍。
大変な年明けでしたが、ホント全ては健康であってこそと思い知りました。

そんな中、今回の出張から帰宅すると嬉しい封書が届いていました。
それはJALから届いた「JGCプレミアカード」…年間搭乗回数が80回を超えて、
サファイア会員からワンランク格上げされたのです。
基本的なサービスはJALグローバルクラブと変わりはないのですが、特筆すべ
きはマイル有効期限の廃止です。
過去には、貯まったマイルをいざ使おうとすると、有効期限切れになっていた
という苦い経験があるので、これは有り難い特典です。
このご時世ですので、貯めたマイルで海外旅行など望むべくもないので、家電
やワイン等に交換すべく、期限を気にせずに吟味しようかなと考えています。

さて、次に目指すは頂点の「JMBダイヤモンドカード」…年間搭乗回数120回以上
かあ…3日に1回は飛行機に乗る生活ですよ。
それを達成するために無理をするのは本末転倒なので、健康に留意しながら、
結果的に郵便ポストにカードが届くことを秘かなモチベーションに頑張って
みましょうかね。
年明けから最低のスタートだったので、もう上昇しかないだろうと信じて。

|

2021年 始動

2021年、明けましておめでとうございます。

せっかく新しい年を迎えたものの、真っ先に入ってくるニュースは、東京
でのコロナ感染者数が1日で1300人を超えたというもの。
1月も仕事で東京〜福岡を4往復する予定なのですが、また緊急事態宣言
の発出や、東京がロックダウンされようものなら、それらもキャンセルに
なりかねませんね。
ホント世の中はこれからどうなることやら…何をやっていても、頭の片隅
に不安がよぎるとメンタルをやられますよねえ。
コロナで生活が制限され、前に進もうという気が薄れてきて、またそれが
弁解にもなり、新しいことや高みを目指した挑戦、あるいはリスクを取って
でも前進することが忘れられることを心配しています。

私の場合、コロナ以前に「痒疹」という皮膚病に罹患したりぎっくり腰に
なったりで、やっぱり身体が資本だなと思い知らされました。

そんな世の中でも、今年はどんな人との出会いがあるのか、どんな腕時計
に出会うのか(いい加減にしろ!)を楽しみにしています。

変わることで生まれる「不安」と変わらないことでつきまとう「不満」との間
の葛藤が楽しめる一年になるように頑張りますので、今年も宜しくお願い
致します。

|

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »