« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

閑散…

先日、後輩と一緒に世界の腕時計展に赴きましたが、コロナショックの
せいか、例年とは打って変わって閑散としていました…まあ、あいにくの
雨模様なのと、消費税アップ後初めての開催というのも理由でしょう。
そもそもデパート自体の客足が減った上に、店員も客もマスク着用のまま
だと、特に高額品を買おうとするマインドは冷え込みますよね。
でも客が少ない分、ハイエンドのブランドショップはいつにも増して親切
にもてなしてくれますよ。
嬉しいことに一月末、ついにトムフォードが福岡に出店したものの、時期
が悪いのか、やはり閑散…幸か不幸かゆっくり試着もできたので、素敵な
ジャケットとセカンドバックを購入。(ちょっとは経済回したかな)
しかし最近のニュースによると、イタリア全土で移動制限が発令されたり、
アルマーニやプラダの本拠地であるミラノが封鎖されるとなると、今後は
様々な商品の入荷も停滞するかもしれませんね。
そうなるとそれに反比例するようにコピー商品の流入が危惧されるところ
です。

ブランド品もマジックの道具やイリュージョンもそうですが…
「安いモノ(コピー)は他人に話せないワケがあって、高いモノ(本物)には
語り継ぐべきストーリーがあるのですよ」

週に一回は飛行機に乗りますが、空港はガラガラ機内はスカスカです。
(隣に誰もいないフライトは快適ですが、空気を運んでいるようなものです)
JALもANAもフライト数を減らし始めたので、すでに予約済みのフライト
が変更になるか注意しとかなければならないのがホント面倒。

銀座や新地もそうですが、中洲も閑散としているようで、毎日お店からの
営業メールが絶えることがありません。
同伴にでも出れば、食事をするレストランやクラブはもちろんアフターで
顔を出すバーまで、いつも以上に感謝してもらえますが、肌で感じるのは
今回のコロナショックは過去の不景気とは質が違うなということ。
これはマジシャンの営業が消えたりイベントが中止になるのも宜なるかな。
(ラスベガスのカジノやショーですら中止ですよ!)
次々に消えていくスケジュールに業を煮やして現状を直視出来ず、あんなの
ただの風邪なのにイベントの中止などけしからんという暴論も散見します
が、専門家でもないただの門外漢が何のエビデンスも示さずに叫び続ける
とすれば、無責任のそしりは免れませんな。

常に最悪の状況を考えて準備や行動をしてしまう癖が付いている心配性の
私の直感では、5月以降のショーどころか今年いっぱいはダメだなと覚悟
しています。

以前にも書きましたが…
バブルはいつか弾けるからバブル。
ブームはいつか去るからブーム。
レギュラー出演はいつかなくなるからレギュラーなのです。

臆病であることは大切です。
木陰のカサッという音で危機を察知し、脱兎のごとく駆け出す鹿はきっと
長生き出来ます。
能天気に草を食べ続ける鹿は、天敵に襲われるか猟銃で撃ち殺されるのです。

|

平常心で…そして正直に

早いもので3月になってしまいましたが、新型コロナウイルスの問題で、
まさかこんな春になろうとは予想だにしませんでした。
様々なイベントが中止や延期になっていますが、私の場合は幸か不幸か
ここ最近は中止になるような大きなイベントは入っていなかったので、
直接的な打撃は受けておりませんが、5〜7月には重要なイベントが
控えています。
まさか7月のイベントが中止になるようなら、それこそ東京オリンピック
もどうなっているか分かりませんね。

日経平均株価も暴落して、投資好きの私もご多分に洩れず大損をこいて
おりますが、リーマンショックの後も東日本大震災の後もちゃんとV字
回復してきたので、あまり深刻には捉えていません。
まあ大きな流れには抗えませんので、平常心を保ちつつ冬眠のつもりで
じっと耐えるしかありませんよ。(こんな時こそ複業があれば、それらを
コツコツとこなして危機管理としての分散投資が役立つわけですね)

話題は変わって…先日行きつけのクラブで友人と飲んでいる時、ママが
「ZUMAさんはなんでマジックやってるの?」と根源的な質問を投げかけ
てきたので、「そりゃ、ちやほやされた上にお金が入ってくるからだよ。
だから、夢を見せるためとかお客様を笑顔にするためというセリフが
臆面もなくスラスラと出てくるマジシャンを絶対に信用しない!」と答え
たところ、「めっちゃウケる! 正直すぎる!」との微妙な(お褒めの?)
言葉を頂戴しました。

そういえば7年前の今頃、この「マジックをやる動機」について詳しく考察
していたことを思い出して、バックナンバーから読み返してみました。
7年もの時が流れて、自身の考え方が変わったり大人になったりして、
書いた内容がこっぱずかしくて黒歴史になるやもしれないと思いながら
読みましたが…考えは1ミリも変わっていませんでした(良いことか悪い
ことかは別にして)…興味のある方はどうぞ→「本当の動機は?」

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »