« 2019年3月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

自立してこそプロ

この夏はマジック界をざわつかせる事象がいくつか起きましたね。

組織そのものの存在意義や、その中の立場ある人間の振る舞い、マジシャン

以前に人としての問題、ネットにおける種明かしの問題…実にかまびすしい

限りでした。

 

最近の中東の不安定な政治状況…イエメンの反政府組織のフーシ派がドローン

を使ってサウジアラビアの油田を爆撃、これによって原油価格が乱高下して

世界経済を不安に陥れていますが、その背後にはサウジと対立するイランの

支援があるとはいえ、それにしても国家ではなく一武装組織があれだけの

攻撃を仕掛けられるようになったのは、テクノロジーの発達でドローンが安価

で大量生産できるようになったのが原因だと言われています。

安価なドローンを迎撃するミサイルが超高額では割りに合わず、低空飛行で

レーダーでも捕捉しにくいとなると、なかなか防御も難しいようです。

 

さて、なぜドローンの話を書いたかというと、ネットの種明かし問題と同じ

だからです…ネットという個人でお手軽に発信できる手段が広まったがゆえの

事象で、時代が産んだ鬼っ子なのです。

最小限の力で最大限の影響力(恩恵も被害も)を行使できる、そんな時代に

なってしまったのです。

薬でも効能が強いほど副作用も強い事例は多いですからね。

 

ネットの問題はこの時代になったからこその事象なのですが、昔から杞憂して

いたのは、本当の意味でプロが経済的に自立していないこと…はっきり言って

しまえば、一部の資金力のあるアマチュアに甘えてべったりと寄りかかってし

まっているということ。

組織のトップであるアマチュアのタニマチがいなくなった途端、グダグダに

になって右往左往してしまうし、気骨あるプロの誰かが私財を投げ打ってでも

組織運営を維持することは望むべくもなく、ただ世界大会への窓口としての

求心力だけは死守したいがために人事まで散々かき回された挙句に、安易に

クラウドファンディングにまで頼ろうとする動きは、経済的に自立していない

証左ではありませんか。

 

学生時代、九州のマジックコンベンションに参加した際、宴席で地元のクラブ

の会長さん達に、また呼んでくださいと言わんばかりに頭を下げながらビール

を注いで回るプロの姿を見て、ちょっと幻滅した記憶があります。

表現は悪いのですが、これだけプロがアマにペコペコしている業界もないの

ではないかと…プロ野球選手が草野球選手にペコペコしますかね?

 

水商売の世界でも、道楽でしかないアマの資金力に頼って出演させてもらって、

なんとか生活の糧にしている状況が見受けられますが、まあそのアマもプロ

の面倒を見る善意の発露なのか、プロを支配下に置くことで承認欲求を満たし

ているのかは知る由もありませんが、お互いにウィンウィンであれば外野が

口出しすることではありませんね…率先してマルチ資金の神殿を礼拝するプロ

もいるくらいですから。

 

正直なところをそのプロに問いたいのです…そこのアマの「マジシャンとし

ての実力」に憧れて出入りしているのですか? もしその人に資金力がなく

おこぼれもないとしたら付き合っていますか?…と。

 

アマチュアの方々の中には、尊敬に値する熱心な研究家やクリエイターが多く

いらっしゃるのは事実です。

このような方々とのお付き合いによってプロもその知見を広げたり刺激を頂く

ことは非常に重要で、私もそうしてきました。

ただ主張したいのは、資金力のあるアマにべったり頼るなということ。

資金力だけを求心力にプロにマウントをかけるアマの中には、ギャラを稼いで

生活をしたこともないくせに、したり顔で芸論を語りながら指導しようとする

人がいるのも事実。

浮き輪を着けて、プカプカ浮いてるだけの人から水泳を習ってどうするんです?

 

プロはプロで、国からの補助金を取り合って内部抗争を繰り広げる集団もいるし。

とにかく、こんなことではいつまで経ってもプロマジシャンの社会的地位は

向上しないわけですから、プロであるのなら、お金持ちのアマや税金をあてに

することなく、まずは経済的にも精神的にも自立しましょうよ!

このままではずっと、首のすわってない赤ん坊のままですよ。

 

 

|

おっと、半年ぶりですね

 

3月から更新が滞っておりましたが、特にサボろうとしたわけでもなくて

ですね…実は3月下旬にプロバイダーの方から、メンテナンスのために暫く

ご利用できなくなりますとの連絡入り、まあ数日間のことだろうと思って

いたら、利用者によっては数ヶ月利用できなくなっていたようです。

(私もその一人だったようで)

私の場合、その間ブログのことなど忘れかけてた7月に開いてみると、いつ

の間にか復旧していたわけです。

ではそこから再開しようとも思いましたが、どっちみち4月末の平成の終わり

と同時にブログを閉鎖しようと考えていたし、暫く書く習慣が中断して面倒

臭くなったのもあって、このまま放置しようとも思っていたのですが、最後

の記事が「トホホは続く…」では、ちょっと情けないかなと…(笑)

一部の方から、「ブログが見れなくなっているんですけど、どうしたんですか?」

とか、「やめたの? また書いてよ」等の連絡を頂きました。(私はSNSをして

いないし露出が少ないので、このブログが唯一の生存確認の手段なのかも

しれませんね)

 

4月以降とにかく色々ありました。

自身の誕生日のエピソード、マジックランドのSPEAKERSの収録、久しぶりに

二日間4ステージのライヴもやりました。

プライベートでは、親父があの世に旅立つのを見送りました。(93歳の大往生

でした)

あと、北原禎人氏のレアなショーも観に行きました。(流石の演出でした)

 

感想を記事に書きたかった事象や映画、紹介したかった本もたくさんあるの

ですが、時間が経ち過ぎて各々の出来事の記憶が希薄になりつつあるのです。

 

まあ、更新ペースがどうなるかはわかりませんが、思い出したことや近況を

ちょこっと書きましょうかね。

昨今のマジック界のゴタゴタなどもありますしね。

それではまた。

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年10月 »