« 2019年1月 | トップページ

2019年3月

トホホは続く…

最近の出演問い合わせ…テレビの影響なのかバードアクトに関してが多いの
ですが、絶対に動物NGの会場だとわかっているのに、絶対に鳥を出してと
ワガママを言うクライアントがいたり、めちゃ近場で楽そうなのに、あまり
にも予算がなかったり、予算は十分なのに、鳥を連れて行くには遠方でかつ
交通が不便で断念したり。
理不尽…トホホ

洗車をしたら雨が降るというのはよくある話で、私も洗車前はしっかりと
天気予報をチェックしています。
暖かくなってきたので、自宅周囲や駐車場の雑草が伸びる前に対策を打と
うと、張り切ってジャージに着替えて汗をかきながら除草剤を撒き終わった
途端に、突然の雷鳴に続いての大雨…茫然自失。
除草剤の容器には「雨に強い!」と書いてありましたが、雨に弱いメンタル
でした…トホホ

先日、小規模ながらクローゼットの断捨離を実施。
サイズがぴったりの後輩マジシャンに多くの服を持って帰ってもらいました。
ショーにプライベートにと役立ててもらえば幸いです。
で、減った分の補充と気分転換(理由のほとんど)のために買い物へ…。
素敵なニットやTシャツを購入したものの、数日前の下見で密かに目を付け
ていたおしゃれなシャツはすでにSOLD OUT。
やっぱりいいと感じてたものは迷っていたらダメですね…トホホ
行きつけのショップのほとんどの担当者が番組を観てくれていたせいか、
オススメしてくる服がステージ映えする派手なものばっか…トホホ

面倒な確定申告は信頼できる顧問税理士にお任せしているので、自分では
何もすることはないのですが、先日連絡があり、良い知らせかと思いきや
4月には追加で税金を納めなきゃならないとのこと。
自由業だからと何でもかんでも領収書を集めとけば大丈夫というわけには
いかないもので…トホホ

猫たちがプロレスをした際に空気清浄機が横転、正面パネルが割れて作動
しなくなりました。
ちょうど保証期間も終わったばかりで仕方なく買い替えへ…トホホ

私はダイソンファンでコードレス掃除機2台持ち(リビング用と鳥部屋用)
なのですが、どうやら猫のウンチを吸い込んだのか、死ぬほど臭い排気が…。
カスタマーセンターに相談したものの、こちらもタッチの差で保証期間が
終わっており、有償修理21,600円で入院に旅立ちました…トホホ

来月の誕生日までにはなんとか運気を上げなきゃ。







|

この春の諸々

春眠暁を覚えず…夜更かしした翌朝は、ついつい二度寝をしてしまいがちな
この頃です。

遅ればせながら先日のTBSジョブチューンのご視聴ありがとうございました。
マジシャン数珠繋ぎという演出上、画面に登場するまで名前が伏せられている
ために、SNS等で告知することができませんでした。(とは言うものの、私が
発信できるのは当お知らせのみですが…)

今回はバードアクトをタイトにまとめてスピーディーに演じてみました。
鳥の調教に関して…一部の方から、鳥にとって都合のいい照明もなく賑やかな
スタジオの環境でよく戻って来ますねというお褒めの言葉を頂戴しましたが、
実は、私も鳥達も劇場やホテル等での長期公演(数ヶ月〜数年)の経験がない
ことが強みだと感じています。
マジシャンにとってはラスベガスに代表されるように、特定の劇場で長期公演
することが理想なのでしょうが、今の日本では、客席が浴衣だらけの田舎温泉
のステージくらいしかありません。
いわゆるホームを持たず、常にアウェーで演じ続けたこと自体が調教となって、
あらゆる環境に対応し、精度の高いパフォーマンスが可能になったのかもしれ
ません。(もちろん100%は有り得ません)
うちのオオバタンなんて、スケッチブックからひょっこり顔を出したら、そこは
常に初めて見る景色なのですから…。

オンエア後、弟子入り希望の若者からのメールも頂戴しましたが、現在の私は
弟子をとっておりませんので、この場を使ってお知らせしておきます。
東京や大阪から若手のプロが相談や勉強しに来ることはよくありますが、
これもフェードアウトが近いロートルとしては、無責任なアドバイスはでき
ないなあと悩んでいるのも事実です。
特にコンプライアンスが厳しい現在、鳥に限らず動物や火を使うマジックに
手を出すことはオススメしません。
今後は特定のマジックバーのステージでしか演じられなくなるかもしれませ
んね。

しかし「趣味」ではなく「仕事」としてプロの立場で演じたいという心境の変遷
はどのようなものなのでしょうか。
もちろん稼ぎたいというのも第一義でしょうが、以前にも書いた次のような
ものではないでしょうか。(少なくとも私はこうでした)

「趣味」の世界には心を震わせ、精神をエクスパンドするような失望も歓喜も
興奮もない。真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った
作業の中にあり、常に失意や絶望と隣り合わせに存在している。つまりそれは
我々の「仕事」の中にしかない。

さて、ここで話題を変えて…

コレクションしている機械式腕時計のデイト表示を、2月28日から3月1日へと
三日分飛ばすのがまあ面倒。
パーペチャルカレンダー機能があればそんな面倒もないのでしょうが、この
機能が付いているモデルは超絶高いので、仕方なく手動で…。

近年続々とフューチャーフォームを発表しているフランク・ミュラーですが、
スペインの陶磁器ブランドのリアドロとコラボして、なんとシャンデリアを
発売しました。(受注製作で、¥1,728,000)
自宅リビングの天井から下げた光景をずっと想像して、ちょっとだけ食指が
動きましたが、うちの鳥達が飛翔して激突する場面を想像したら、あっさりと
諦めがつきましたとさ…。

|

« 2019年1月 | トップページ