« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

最近の記事から…

丸井グループが高級時計を集めたレンタル専用コーナーを有楽町マルイに
オープンさせるようです。
ロレックスやオメガなど約10万〜200万の価格帯の時計約20ブランドを
60本以上揃えて、店舗で試着して店員のアドバイスを受けながら決める
ことができるそうです。
月額3980円(税別)から19800円まで4種類の料金プランを設定、身分を
確認できるものがあればその場で借りて持ち帰ることもできて、何度でも
借り換えができるのだとか。
TPOに合わせて色んな時計を着けられるとは、便利な世の中になりました。
でも本当に気に入った時計を身に着けると、所有欲がムクムクと湧いて
くるもので…それはそれで流れに身を委ねるのも有りだし、それが愛好家
への扉を開くことになれば、時計業界にとっても良いことですよね。

日経平均の上昇傾向が続く東京株式市場で、セイコーホールディングス
の株価が続伸して年初来高値を更新したという記事がありました。
株高による資産効果で高級時計の販売が伸びるとの期待も手伝って、機関
投資家などが買いを入れたようです。
今年3月に高級時計ブランドとして独立させた「グランドセイコー」を
中心に百貨店等で高価格帯の売り上げが伸びたのも要因だとか。
確かにグランドセイコーを着けていると、いかにも実直でデキる男に見え
ますからねぇ…スーツ姿のエリートサラリーマンがビジネスシーンで活用
するのであれば、まずは持ちたい一本ですが、私の場合はそのような日常
ではないので、セイコーであれば絶対にガランテに振れちゃうでしょうね。
今年発売された50本限定モデルのピンクゴールドケースにダイヤモンドを
あしらったブラウンダイヤルのSBLM008に心を奪われております。

プラチナの価格が低迷し、一昨年初めから金との差が逆転しています。
金の24分の1しか採れずに生産コストも高いために、同モデルの時計でも
プラチナケースの方がゴールドケースよりも高価であることが常識だった
のに、なぜなのでしょう?
実はプラチナのニーズの大部分は宝飾品ではなく、ディーゼル車の排ガス
から有害物質を除くことに使用されていたことにあったのですが、電気
自動車の台頭により、そのニーズの減少が価格低迷の理由のようです。
クレジットカードのグレードはゴールドよりプラチナが上級ですが、見直
さなくていいんでしょうかね。(あと、入手困難なチケットの名称とか)
私は以前から投資の一つとして純金の積立をしているのですが、始めた
当初はプラチナ積立もしようかなと逡巡した結果、今となってはやめて
おいてよかったなと…。(あくまでも投資は結果論だし自己責任ですから)
巷間「コモディティ化」と云われるように、一時的に光を放った何かが、
経済の構造変化やものづくりの革新の波に洗われることは今後も続くで
しょう。(もちろんマジック業界でも起こり得る事象でしょうね)
個人的に願わくは、プラチナケースの時計が価格改定されて、手が届き
やすくなることです。

あ、そういえば後輩マジシャンの一人が、来年の年明けにもフランク・
ミュラー クレイジーアワーズを購入する予定だと言っていました。
クレイジーアワーズ…いかにもマジシャンらしくていいじゃないですか。
目標があれば、たとえそれが物欲的なものであっても仕事に励みが出る
もの…クロースアップマジックの仕事の際に、袖口からセンスの良い時計
がキラリと光れば、時計好きなお客様との会話も弾むことも多く、次の
仕事に繋がるなどしてすぐに元は取れるものです。(これまでの経験上)
これから年末にかけてはマジシャンにとっては稼ぎ時だし、頑張って
是非ゲットしてもらいたいなあ。

|

秋の夜長に

10月は雨の日も多く二度の台風上陸もあって、今ひとつスッキリしません
でしたね。
それでもそれなりに過ごした秋の夜長の出来事をつらつらと…。

11月のショーに備えてイリュージョンの調整や傷んだATAケースのメンテ
ナンス…久しぶりにドリルやグラインダーを使ったり、リベット取り付けや
ハンダ付けで少々筋肉痛です。

大阪から二人の若手マジシャンが刺激と知見を求めて福岡へ…スポンジが
水を吸収するがごとく熱心に勉強して帰阪しました。
極秘のギミックや衣装の仕掛けを開陳しながら、仕事に関する私なりの
アプローチの仕方やプロ論等をレクチャーしましたが、二人にとっては
二泊三日では時間が足りなかったようなので、また機会を作りましょう。
また彼らも興味があったようで、昔の資料や秘蔵映像を提示しながら、
誰が誰に憧れて今があるのか、本当は誰の影響を受けたり誰から習って
あの演技が完成したのか…私が知る範囲でのマジック界の史実を若手に
伝える必要性も感じた三日間でした。

冷えこみ始めた夜に4匹の猫達がベッドに上がってくるので、もっと広い
ベッドに買い替えようと思い立ち、色々と検討してシモンズベッドを購入。
結果これが実に良い寝心地で、たとえ短時間でも深い眠りにつけるので、
寝起きもバッチリ。
こんなに快適ならもっと早く買い替えればよかった。

プロフェッサー・サコー氏のレクチャーは無事終了し、レクチャー後の
懇親会も盛り上がりました。
氏オリジナルのギミックやホルダーは常に進化を続けており、そのアイ
デアやクオリティの高さにはいつも驚かされます。
これもあれだけのスライハンドのスキルを持つ現役パフォーマーとしての
経験値、学歴に裏打ちされた理系の頭脳を併せ持った賜物なのでしょう。
一部のマジックショップでは氏のコピー商品(中国製や韓国製)が流通
しているようですが、扱いやすさや断熱性能等、そのクオリティにコピー
が追いつくことはたぶん永遠にないでしょう。

映画「アウトレイジ 最終章」を鑑賞…個人的には北野映画の中でもエンター
テイメントとしての完成度は随一ではないかと思います。
前作から5年が経ち、各役者の老いが良い意味で哀れの味わいを醸し出して
います。(特に西田敏行がいいねぇ)
随所にアップされる皺が刻まれた「男の顔」の映画としても見応えは十分。
ストーリーはまさにサスペンスの連続で、義理人情や権力、嫉妬や欲望を
めぐる複雑な人間関係を鮮やかな群像ドラマに仕立てあげた脚本が秀逸で、
役者のややオーバー気味のクサい演技とも相まって、グイグイと引き込まれ
ていきます。
そして最後は、こうなるしかなかったのだという運命的な諦念を感じました。

11月は大阪のホテルで久しぶりにイリュージョンがメインのショー、その
後は金沢、さらに名古屋と出張が続きます。
ハードな移動をこなすのも健康であってこそ…そろそろインフルエンザの
予防接種もしなきゃ。

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »