« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

レクチャーのご案内

この一ヶ月間も、運良く台風をすり抜けながら、10回以上の飛行機と
新幹線移動で東京、大阪、名古屋、北陸と慌ただしく動き回っています。

ステージとクロースアップを同じ割合でこなすと、自分にとっては良い
リズムで飽きが来ないし、意外と疲れないものです。
その合間に最先端の再生医療の勉強会に参加したり、鳥の調教を終える
とふらりと時計を見に行ったり、冬物のコートを買ったり、夕食後は
出来るだけウォーキングをしたり…こんな近況です。

さて、古くからの盟友であるマジシャン将魔が、レクチャー全国ツアー
を行います。彼のレクチャーは、実用的でわかりやすいと好評ですので、
ぜひ参加してみて下さい。

11月27日(日)の福岡会場には、私も顔を出すつもりです。

|

乗り換え

先日のフランク・ミュラーのイベントは、おかげ様で盛況でした。
ご招待のお客様の腕を見ると、さすがにフランク・ミュラーの着用率
の高いこと!
やはり高級時計というのは究極の嗜好品であり、時間を確認するという
本来の役割以上に、多くの人々を惹き付けてやまない魅力があるのだと
感じました。

それにしても感心するのは、このブランドのノベルティの多さです。
トランプ、ハンカチ、ポーカーチップ、バッグ、携帯ストラップ…etc
それこそマジックでよく用いられる素材がほとんど揃っており、この
イベントに参加されたお客様に惜しげもなくプレゼントされています。
今回は打ち合わせの段階で、多くのノベルティを受け取って構想を練り
準備をして、ほとんどのマジックにそれらを使用しました。
もともと時計という素材や時間という概念が、比較的マジックに用い易
いものだけに、これだけのノベルティが揃っていれば、次回の大阪での
イベントに向けて、更なるアイデアが出て来るかもしれません。

遅ればせながら、携帯電話を15年以上使ったdocomoからiPhoneに
乗り換えました。

思い立ったら何事も行動は早い方なのですが、なにしろ根っからの昭和
のアナログ人間だし、一時期はらくらくホンを使っていたほどの自分に
スマートフォンを使いこなせるのかという不安がずっとありました。
いつかは換えなければならない時が来るのならと、ついに重い腰を上げ
て乗り換えをして…苦戦中です。

もっとも乗り換えの迷いを払拭するために背中を押したのが、美しい
フランク・ミュラー iPhone4 ジャケットの存在です。
価格はiPhoneの二倍もしますが、ズッシリと重く、大変丈夫で高級感に
溢れています。
私は無垢(チタンカラー)を選択しました。
さらにゴージャスなジャケットをご希望の方には、SPARKLING MODEL
が用意されています。

もう一つ、フランク・ミュラーのアプリがお勧めです。
2003年に発表されたフランクの傑作、「クレイジーアワーズ」が
画面いっぱいに現れます。
実際はン百万円もするコンプリケーションウォッチと全く同じ針の動き
が手軽に楽しめ、ジャケットに付属されているアクリル製ディスプレイ
スタンドにセットすれば、まさに豪華な置き時計に早変わりします。

iPhone4 をお持ちの方に、参考までにご紹介しました。


|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »