« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

クルーズ終了

ロシア・ウラジオストク クルーズから帰って来ました 今回のショーの
音響・照明は、若手マジシャン内田貴光の所属事務所セットフリーの
福島氏に担当して頂いたおかげで、完璧なものでした 豪華客船での
ショーはやりがいもあり、気持ちの良いものです。ただ…揺れなければ…。
何度も客船でのショーを経験している私が、不覚にも初めて船酔いして
しまいました。出番2時間前が最悪で、夕食のルームサービスも全く摂れ
ない状態。しかし、青白い顔を濃い目のメイクで隠している間に、酔いよ
りも緊張感の方が増して来て、出番までには持ち直しました。以前、にっ
ぽん丸・屋久島クルーズで、鳥が船酔いして、フラフラ飛んだ末に客席に
墜落した事がありましたが、今回の鳥達はパーフェクトでした。 ただ本番
中も何度か揺れて、色々な道具が動きました。例えば「こちらに…」と指し
示した所にあるはずのテーブルが消えていたり、演じ終わった大道具が、
ゴロゴロと勝手に再登場したり…今回助手として乗船してくれたRintaro
の機転の効いた動きのおかげで、大きなトラブルも無く、1時間のショーを
乗り切る事が出来ました。
6月・7月はプレッシャーの大きなショーが続き、移動距離もあったせいか、
私も鳥達も少々バテ気味のようです。 この後プライベートのショーを終わら
せて、ゆっくり夏休みをと思っているのですが、このせっかちな性格の由、
鳥の調教や、以前から研究したかった分野の勉強に没頭して、より疲れ
そうな予感が…。

.

|

名古屋  暑っ!

35℃に達した猛暑の名古屋から帰って来ました。コンベンションも熱く盛り
上がりました。他の出演者の演技をじっくり観ることは出来ませんでしたが、
相変わらずキレのいいウルトラテクニックのふじいあきら、勢いのある丸山
真一、繊細で完成度の高い桂川新平、舞台衣装のまま何かとバタバタしていた
将魔…といった印象。
私にとっては13年ぶりのコンベンション出演でしたが、客席には懐かしい顔
もちらほら。しかし皆さん本当にマジックが大好きで優しいですね。 
期待以上に盛り上げて頂いて「これは勘違いしないように自制しなきゃ」と
思っているところです。こういう場は皆、一生懸命観て下さるし、ある意味
ウケて当然という事を自覚するべきなのでしょう。 誰一人マジックが嫌いな
人はいないのですから。
コンベンションでウケたことで、いきなりプロになる若者や、コンベンション
でしか演技をしない(あるいは出来なくなってしまった)マジシャンがいる
のも分かる気がします。たまには、こういう暖かい空気を味わうのもいいの
かも知れません。
しかし、決して格好つける訳ではなく、厳しいショービジネスの世界の方が、
自分の肌には合っているようです。 いかに猛暑でも、冷や汗をかくほどの
緊張感は、何物にも代え難いプロとしての醍醐味だと思います。 
そしてその醍醐味は、マジックに興味が無い人をも振り向かせて満足させ、
自分も納得して報酬を得る事だと信じています。


.


|

Rintaro 出演情報

マジック界の若きニューリーダー・RYOTAをメインにして、毎年恒例になって
いる横浜ロイヤルパークホテル・サマーブッフェにRintaroがゲスト出演します。
お近くの方は是非どうぞ。

.

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »